欅坂46小池美波、“上京”当時を振り返る「涙がポロポロ止まらなくて」

欅坂46小池美波、“上京”当時を振り返る「涙がポロポロ止まらなくて」

欅坂46のメンバー小池美波が、21歳の誕生日である11月14日、地元・兵庫で行われた写真集“誕生日お渡し会”に出席。インタビュー取材に応じた小池が、アイドルを目指すきっかけや、オーディションに合格し“上京”することになった当時を振り返った。

――今日は“地元凱旋”イベントということですが、どんな心境ですか?

地元でイベントをさせていただけることは、個人的な夢でもあったので、個人ではありますけどお渡し会をさせていただけることはすごくうれしいです。

兵庫でライブをしたりイベントをしたりすることはそんなに多くないので、普段会えない方にも会えるのかなと思うと、すごくうれしいなと思います。

――そんな小池さんは学生時代はどんな女の子だったのでしょうか?

本当におとなしいというか、クラスにいても全然目立たない感じで。「サイレントマジョリティー」という曲を歌ってますけど、私は意見が少数派でも、周りに合わせなきゃいけないと思って、意見を変えがちなタイプでした。

今こうやって欅坂46のメンバーとしてこういう歌を歌っているのが不思議な感じもありつつ、その時の自分に対しても、もうちょっと自分らしさがあってもよかったんじゃないかと思ったりもしました(笑)。

――実際に欅坂46に入って、ご自分が変わったなと思うところもありますか?

自分の意見を誰かに言ったりするようになったなと思います。自分の中でため込むということがなくなりました。思ったことは素直に言えるようになりました。

■ アイドルを目指すきっかけは?

――ちなみに小池さんのアイドルを目指すようになったきっかけは、何だったのでしょうか?

小さい頃にモーニング娘。さんが好きで、いつかアイドルになりたいなと思ったんですけど、親には「東京に行ったら一人で暮らさなきゃいけなんだよ」って言われて、小っちゃい頃はもちろん親と離れたくないので、無理だなと思って。「やっぱならない」とか言っていました。

でも小学生になってAKB48さんの「RIVER」という曲が大好きで、ダンスを覚えるのも好きだったので、それを練習していました。

中学生になってもどんどんアイドルになりたいという気持ちが強くなって、高校2年生の時にオーディションがあったので、受けてみようと思って。

もしこれで受からなかったら普通に自分の人生を歩もうと思って。絶対受からないだろうなという気持ちで受けたら…受かっ…ちゃっ…た(笑)。

――上京する当日のこととか覚えていらっしゃいますか?

覚えてます。前日、荷造りをしている時点で涙がポロポロ止まらなくて。「行きたくない、行きたくない」って言っていたんですけど、でも「やるからには頑張ってほしい」って言われたので、泣きながら…悲しいなって思いながら…頑張らなきゃなと思いました。

上京する当日、新幹線に乗る前からずっと涙が止まらなくて、新幹線に乗った時も、窓から涙を流すお父さんの姿が見えて。今まで当たり前で気付かなかった家族の大切さに気付きました。

――地元のファンの方への思いなどありますか?

地元の方は関西弁を使ってくださるので、私も関西で握手会とかあると「帰ってきたんだな」「ホームだな」という感じがすごくします。すごく温かいというか、気持ちも休まるというか、ゆっくりできる環境です。

でも、関西でもまだまだ欅坂46を知らない方もいると思いますし、欅坂46にも関西のメンバーもいるので、2期生を含め、関西でももっと盛り上げられるように頑張りたいなと思います。(ザテレビジョン)


関連記事

おすすめ情報

ザテレビジョンの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る