12月7日(土)の「東京 VICTORY」(毎週土曜朝7:00-7:30、TBS系)に、11月30日の放送に引き続き、新体操日本代表・杉本早裕吏選手、松原梨恵選手、横田葵子選手、熨斗谷さくら選手、竹中七海選手、鈴木歩佳選手が登場する。

“レジェンドゲスト”には、浜口京子が登場。安住紳一郎アナウンサーと共に、フェアリージャパンの素顔や新体操の魅力に迫る。

「東京 VICTORY」は、2020年東京オリンピック・パラリンピックを目指すトップアスリートたちをスタジオに招き、司会の安住アナが本音を引き出すトーク番組。

選手たちの知られざる競技人生や、競技の魅力、プライベートが明かされていく。番組アシスタントは、2017年入社の山形純菜アナが務める。

■ 東京五輪への意気込み

「第37回世界新体操選手権大会」の団体種目別で初の金メダルを獲得、団体総合では44年ぶりに過去最高に並ぶ銀メダルを獲得したフェアリージャパン。

キャプテン・杉本選手、松原選手、横田選手、熨斗谷選手、竹中選手、鈴木選手の6人から成り、東京五輪出場条件の5位以内を自力でクリアし、今乗りに乗っているチームだ。

11月30日の放送では、五輪ごとにボール、フープ、リボン、ロープなどの手具が変更される新体操競技のルールや一糸乱れぬ演技の秘密に迫りながら、44年ぶりにメダルを獲得した強さの秘密に迫った。

7日(土)の放送では、ロシア西部のサンクトペテルブルクで行われた合宿や、メーキャップ秘話を辿りながら強さの秘密に迫る。さらに、華やかなフェアリージャパンが抱く東京五輪への意気込みを披露。

また、スタジオで13m×13mの競技フロアを再現。フェアリージャパンが美しい技の数々を披露し、浜口と安住アナ、山形アナが新体操に挑戦する一幕も。(ザテレビジョン)