放送中のスーパー戦隊シリーズ最新作「騎士竜戦隊リュウソウジャー」(毎週日曜朝9:30-10:00、テレビ朝日系)で、リュウソウピンク/アスナを演じている女優・尾碕真花が、12月8日に東京都内で行われた自身のファースト写真集「いちか」(発売中)の発売記念イベントに登場。イベント前に囲み取材に応じ、撮影エピソードなどを語った。

尾碕は「第13回全⽇本国⺠的美少⼥コンテスト」の審査員特別賞に輝き、美少女ユニット・X21の一員として活動。

グループ解散後は女優として活躍し、さまざまなドラマ出演の他、「騎士竜戦隊リュウソウジャー」のヒロインに抜てきされるなど、活躍の場を広げてきた。

写真集では、尾碕が12月2日に19歳のバースデーを迎えた記念に、家族との思い出の地だという台湾で、⾷べて、笑って、はしゃいで、楽しんだ模様が収められている。また、貴重な初水着カットをはじめ、ランジェリーカットにも挑戦。目を奪われる奇跡のスタイルが収録されている。

囲み取材に応じた尾碕は、初の写真集リリースの心境を「私のわがままを最大限にかなえてくださっている写真集だなと思います。すごくうれしく思っています」と明かす。

具体的には「表紙の質感とか、写真集のサイズまで、細かいところから私の要望をかなえていただいて、あとは中身のレイアウト。写真集の感じとか、『こういうふうにしたいです』っていうお願いを全部聞いてくださって、それがそのままかなった1冊になっています」と、こだわった箇所を告白した。

また、お気に入りカットを聞かれると「大胆な(見開き)2ページを使ったページがお気に入りです。写真集を仮で作っている段階では入っていなかったんですけど、大胆な感じがいいなと思って、華やかな衣装とポーズ、陽がさしている感じ、いろいろな条件がマッチしてできた1枚で、すごくいいなと思ったので、『ぜひ入れてください』って言って大きく(掲載)していただきました」と紹介。

さらに、今回の写真集では水着やランジェリーカットなどで美ボディーを披露している。

美ボディーメーク秘話について尋ねられ、尾碕は「写真集をいつ頃撮るというのは聞いていなかったんですけど、前々からマネジャーさんと『写真集とか出せたらいいね』という話をしていたので、半年くらい前から何となくジムに通うようにしていて…。

もともと努力をするのが好きなタイプではないので、急に絞るよりはゆっくり半年くらいかけてジムに通おうかなって。あと、写真集の撮影日が決まってから、(撮影)1カ月弱前くらいから食事制限をしたり、頻繁にジムに通ったりして、最終的にボディーラインとか顔の瘦せ方とかを調整しました。気付いたら3kg落ちていました(笑)」と振り返った。

そんな努力の末に撮影した水着姿については「(水着などの)撮影すること自体初めてだったので、最初衣装合わせではドキドキしていたし、大丈夫かなって思っていたんですけど、案外最初の撮影が水着からのカットだったんですけど、すごく楽しくて。これからもグラビアとか、そういう撮影もやってみたいなって思いました」と笑顔を見せた。(ザテレビジョン)