グラビアアイドルやYouTuberとして活躍中のRaMu(らむ)が、DVD&Blu-ray「ラ・ムー」(竹書房)発売記念イベントに出席。囲み取材に応じたRaMuが、作品の見どころの他、2020年の目標などを語った。

通算12枚目となる今作。一番のお気に入りのシーンについて「お風呂のシーンなんですけど、あんまりここまで髪の毛をびちゃびちゃにぬらすことはないんですが、そこがちょっとセクシーだなと。その都度その都度ぬらしていたので、髪の毛を」と紹介。

また苦労したシーンに関しては「スクール水着の胸元がホックになっている水着があるんですけど、こういう水着ってこぼれやすい(笑)。

真ん中の部分はスタイリストさんが付けてくれたんですよ、ホックを。だからいつ取れるか分からない(笑)。ちょっと冷や冷や感があって、そこは苦労しましたね。

あんまり『んっ!』ってやると、『パチン!』っていっちゃいそうだったので(笑)。ポロリはありません(笑)。

私の胸は意志が強めなので、絶対にポロリはしないという意思はあるので、ポロリはしなかったです」と主張した。

そんな中で迎えた2020年、今年の抱負についてRaMuは「去年は友達をたくさんつくるという目標だったんですけど…二人できました(笑)。

私は多趣味で、趣味をたくさん持っているんですけど、もっと趣味を増やして趣味の友達がほしいなと思いますね。なかなか私と同じ趣味の人がいなくて、周りに。そんな趣味の友達を増やしたいと思います」と意外な目標を掲げた。

またYouTuberとしても活動するRaMu。「2019年はあまり載せられなかったので、今年は一緒に撮っている大塚びるちゃんって子がいるんですけど、その子と外に出たりとか企画ものをやったりとか、投稿頻度を増やしていきたいですね。旅動画とかやっていけたらなと思います」と憧れを口にした。

そしてこの日の衣装については「これは80年代をイメージしました(笑)。髪の毛もちょっとバブルっぽいような感じを。髪の毛を切り忘れちゃって、それを隠すのに今巻いてます(笑)」と照れ笑いを浮かべていた。(ザテレビジョン)