独特の世界観で見たこともないような映像世界を描き続ける岩井俊二監督の最新作「ラストレター」が1月17日(金)から全国劇場公開されるのに合わせて、『映画「ラストレター」公開記念 松たか子&広瀬すず&岩井俊二 映画の魅力徹底トークSP』をdTVチャンネルのひかりTVチャンネル+で配信。そこで、新人ながら岸辺野颯香と遠野裕里(回想)の二役を見事に演じ切った森七菜に自身の演技や共演者についての話を聞いた。

――今回の役も140人ほどの中から選ばれたとお聞きしましたが、オーディションに強いと評判ですね。

ありがとうございます。今回のオーディションの前に岩井監督の映画を5本観させていただき、その雰囲気や世界観の虜になってしまいました。それでオーディションの時に岩井監督に「どうやったらあのような素敵な映画が撮れるんですか?」って聞いたんです。そうしたら「僕は何もやってないよ」とさらりと言われてしまったので、あぁ私は嫌われたなって思ったんです(笑)。ですから選んでいただけたと聞いた時は、とても嬉しかったです。

――ご覧になった岩井監督作品で特に好きな映画は何ですか。

「花とアリス」と「リップヴァンウィンクルの花嫁」です。繰り返し何回も観ました。特に「リップヴァンウィンクルの花嫁」は4時間位ある長編なので、お風呂に入りながら観た時はのぼせてしまいました(笑)。本作もカットされた部分があるので、それを追加したロングバージョンもできればいいなと思いました。

――本作は“手紙”が大きなテーマですよね。

 はい。まず、「ラストレター」という題名を聞いた時に、手紙を題材にして、どのように現代を描くのだろうと興味を持ちました。そして脚本を読んで、手紙が交差するところや過去との結びつきが面白いと感じました。今は、私自身、過去がつないでくれたものをずっと大事にしていきたいという気持ちです。この映画をご覧になった方々が、何かを思い出して筆を取る機会が増えるといいなと思いました。

――森さんご自身は日頃、手紙を書くことはありますか。

はい、監督さんや共演者のみなさんに書いたりしています。クランクアップの日にお渡ししたり、大分から郵便で出すこともあります。今は手紙が珍しくなっていますが、本当に伝えたいことは手紙の方が伝わると思うんです。

――森さんの演技にはせりふを一つひとつ大切に紡ぐように演じる印象を受けましたが、演じる上で意識されたことはありましたか。

岩井監督の作品の中で私の役にせりふがあるというのは貴重なことです。とてもありがたいことだと思って演じました。

―― 二役を演じ分けることについて苦労されたことはありましたか。

 裕里は松(たか子)さんの高校時代なので、少しでも近づければと松さんが出演されているテレビ番組を見るようにしました。一緒にいると似るっていうじゃないですか。何度も見ていれば似るような気がして(笑)。松さんの高校時代を違和感なく演じられることを目指して頑張りました。

――広瀬すずさんとのシーンが多かったですね。影響を受けることはありましたか。

広瀬さんのことが大好きで、出演されているCMも100回ずつ見るぐらい好きなんです。お芝居も素晴らしいので、近くにいて盗めるものはとにかく盗もうと思っていたんですが、存在感がすごいんです。それこそ映画を支配してしまうほどの雰囲気があって、広瀬さんの真似は到底できないと改めて思いました。

――神木隆之介さんとの年齢差はどうやって埋めましたか。

完全に神木さんの力です。以前、共演させていただいた時は、弁護士と中学生という役柄だったんですけど、今回はまさかの同じ高校生。でも神木さんって高校生になっちゃうんです(笑)。本当にすごいなと改めて思いました。

――お気に入りのシーンや印象的なシーンを教えてください。

庵野秀明さん演じるお父さんが「携帯禁止」って言うところがキュートで面白かったです(笑)。それと神木さん演じる鏡史郎(回想)が未咲(広瀬)と裕里(森)それぞれに向ける表情の違いです。演じている時はわかりませんでしたが、試写で観て「あぁ、裕里完全に脈なしじゃん、かわいそうに」って思いました。それはすごく衝撃的だったので、みなさんにも観て共感していただきたいです。

――最後にファンの方へメッセージをお願いします。

監督が岩井さんで、豪華な出演陣がそろった素晴らしい作品です。こんな映画を観られる現代に生まれたことに私はファンの一人として感謝しています。ぜひ映画館に足を運んで感じていただけたら嬉しいです。

もり・なな●'01年生まれ、大分県出身。出演映画に「心が叫びたがってるんだ。」(2017)、「天気の子」(2019/声の出演)、「東京喰種 トーキョーグール【S】」(2019)、「最初の晩餐」(2019)、「地獄少女」(2019)。(ザテレビジョン)