2019年12月に製作を発表したBS-TBS開局20周年記念ドラマ「伴走者」(3月15日(日)夜7:00-8:54、BS-TBS、BS-TBS 4Kで同時放送)に吉沢悠、市原隼人がW主演することが決定した。

本作は、浅生鴨(あそうかも)の同名小説「伴走者」(講談社刊)が原作。

実業団陸上部から戦力外通告を受けたランナー・淡島祐一(吉沢)と、不慮の事故で視力を失った元サッカー選手の内田健二(市原)。ブラインドランナーとして再起を目指す内田は、パラリンピック出場を目標に掲げ、淡島を伴走者(※視覚障がいのある選手が安心して全力を出せるように、選手の目の代わりとなって周囲の状況や方向を伝えたり、ペース配分やタイム管理をしたりする存在)として迎える。

初めは何かとぶつかり合っていた二人だが、次第に信頼関係が生まれていくというストーリー。

ほかキャストには、淡島の妻・奈美役に美村里江、内田のスタッフ・高倉真希役に北乃きい、淡島が所属する実業団陸上部の監督役に鈴木浩介、淡島にとっての最大のライバル・大滝淳也役に高橋光臣が、それぞれ決定している。

本作が初共演となる吉沢と市原だが、実は吉沢は、2000年12月1日のBSデジタル放送開局日にBS-TBS(当時はBS-i)で放送されたドラマ「双方向冒険活劇 トレジャー!」に主演。

一方、市原は2018年12月1日のBS 4K開局日に放送された開局特番「〜世界・黄金ミステリー〜市原隼人 幻のスペイン財宝船を追え!」に出演している。

“BS-TBS開局の顔”と“BS-TBS 4K 開局の顔”という共通点を持つ2人がBS-TBS開局20周年記念ドラマの制作にあたり、強力タッグを組む。

吉沢は「市原さんは熱い面と同時に、繊細な部分も感じる方。共演でどんな化学反応が起きるのか楽しみ」と、市原は「役同様、現場では吉沢さんが自分にとってなくてはならない存在になるはず。吉沢さんを信じて、しっかりとみつめていきたい」と語る。

吉沢と市原は、1月下旬に予定しているドラマクランクインに向け、2019年12月からトレーニングをスタート。撮影に向けて着々と準備を進めている。

■ 吉沢悠コメント

「伴走者」出演のお話をいただいて脚本を読んだところ、僕が演じる淡島祐一も含め、登場人物たちがそれぞれに人生の挫折を味わっている物語でした。

僕自身も含め、誰もが一度は経験したことのある、切ない想いが描かれている作品に出演するのは、楽しみでもあり挑戦です。

2000年に主演させていただいた「双方向冒険活劇 トレジャー!」も挑戦的なドラマだったのも覚えていますね。

今回は「人を感動させる」という基本に立ち返り、自分自身も感動しながら現場で過ごすことで、初心を思い出させてくれるような作品になるのではないかと思っています。

見る方の心を打つ、熱量の高い、熱いドラマとして、2020年東京オリンピック・パラリンピックを後押しできたらうれしいですね。

■ 市原隼人コメント

これまでいろいろなスポーツはやってきたのですが、陸上競技は経験してきませんでした。現在、撮影のために毎日走り、走ることに向き合っています。

毎日走っていても、その日のコンディションによって走りが変わってくる。一歩を何千回、何万回繰り返す作業が、今とてもおもしろく、走らずにはいられない体になってしまいました。

視覚障がい者のランナーという役は、難しい役どころですが、真摯に、純粋に、敬意を持って、のぞんでいきたいと思います。

キャッチボールがミットの奥まで投げ切らないと伝わらないように、内田という役、設定、環境、作品、すべてを受け止めて、湧いてくる感情をドキュメント感覚で大切にしながら、現場でもがいてみようと思います。

2018年の4K開局特番にも出演させていただきましたが、自分は、常にパイオニア、先駆者であることが夢なんです。

今回の作品でも、ドラマを通して、普段見ることができない感情や姿を皆さまにお届けして、新たな視聴体験をしていただく、そういった新たな作品を目指していきたいと考えています。

■ 浅生鴨コメント

一本のロープで繋がれるのは、一筋縄ではいかない二人の男たち。それぞれ複雑で面倒くさい性格を持つこの二人を、いつも冷たさと熱さの共存する演技を見せてくれる実力派の吉沢さんと市原さんが演じてくださると聞いて、ワクワクしています。

お二人はご存知ないと思いますが、実は広報の仕事で、お二人にはこっそり関わったことがあるので、嬉しいやら気恥ずかしいやら、今僕はなんとも不思議な気分でいます。

淡島の抱える内面の葛藤を吉沢さんはどう見せるのか、目の演技が使えない内田を市原さんはどう演じるのか。ドラママニアとしては、そんなところも気になります。

ずっと僕の頭の中で走っていた二人が、いよいよ実際に足音を立てて走り出す。いったいどんな足音が響くのか、その瞬間が今から楽しみです。

■ 藤尾隆プロデューサーコメント

駅の階段をほんの少しダッシュしただけで息切れしてしまう私ですが、マラソンや駅伝を見るのは大好きです。

「ただ走っているだけなのに何が楽しいのか?」とよく聞かれるのですが、人が走っている姿を見ているだけで胸が高鳴るのです。

シナリオ作りの際に何人かのブラインドランナーの方にお会いしました。驚いたのは走るスピードです。想像以上の速さでした。そして明るさです。とにかく明るいのです。

お話をうかがいながらすっかりこちらの方が励まされてしまうほどでした。伴走者と2人で走ることでエネルギーも2倍、いやそれ以上になっているのではないでしょうか。伴走者もブラインドランナーから得るものが多く、知らないうちに自分が伴走されている気分になるとも聞きました。

ドラマで描くブラインドマラソンでは、まさに二人の絆が試されます。互いにどこまで信じ合えるのかを是非見ていただきたいです。

二人で走ることで失いかけていたものを呼び戻し、前を向く。42.195kmは人生そのもの。二人なら闘える。私の胸の高鳴りはしばらく止みそうにありません。(ザテレビジョン)