1月19日(日)にスタートする「テセウスの船」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系※初回は夜9:00-10:19)の制作発表会見が1月14日に東京都内で行われ、主演の竹内涼真、榮倉奈々、上野樹里、鈴木亮平が出席した。

本作は、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)で連載されていた東元俊哉によるミステリー漫画をドラマ化。

平成元年に警察官の父親が起こした殺人事件により世間からずっと後ろ指をさされ、身を隠すように生きてきた主人公・田村心(竹内)が、あるきっかけでその事件当時にタイムスリップ。過去を変えようと事件の謎に立ち向かう父と子の姿を描いた、謎が謎を呼ぶ緻密なストーリーが展開する。

殺人犯として逮捕された父親の事件の謎を追う主人公・田村心役は竹内、心の父親・佐野文吾役を鈴木、母親・佐野和子役を榮倉、心の妻・田村由紀役を上野が務める。

■ こんなに暖冬を憎んだことはありません(笑)

撮影のエピソードを聞かれた竹内は「当初、雪のシーンの撮影を予定していた場所が、まったく雪が降っていなかったんです。急きょ、雪が降っている場所に変更して撮影が行われたんですが、そこがものすごい吹雪で、あんなに寒い思いをしたのは初めてでした。

走るシーンがすごく多かったんですけど、(演じる)心はタイムスリップするなんて思っていなかったので、履いているのはスニーカーなんですよ(笑)。僕だけスニーカーだったので大変でした」と苦労を明かした。

同じく雪国での撮影に挑んだ鈴木も「こんなに暖冬を憎んだことはありません(笑)。本当、吹雪でビンタされているみたいでした」と苦笑。

榮倉は「心と会うシーンの撮影が吹雪の時だったんですけど、吹雪がすごくて心の姿が見えなくなっちゃうんです。おかげで第1話は壮大なドラマになったと思います」とアピールした。

■ 鈴木亮平「竹内くんは真面目です」

本作では殺人犯の父親を持つ主人公・心を演じる竹内。演じる上で意識していることについて質問されると「心の目線だったり、心が見ているものが物語のキーになっていく。自分のリアクションや気持ちを新鮮に、見てもらう人に分かりやすいよう現場で監督と話しながら演じています」とコメント。

すると鈴木は「竹内くんは真面目ですね」と切り出し、「彼のバッグを見たときに、似たような事件の加害者家族に関するドキュメンタリーの本が入っていて」と竹内をチラリ。

「ん?」という表情の竹内に「(バッグの中を)見てるよ」と鈴木が伝えると、竹内は「エッチ! 」と照れながら、「僕だいたいかばんを開けっ放しにしちゃうんで、マネジャーさんにも注意されます」と反省の顔を見せた。

■ タイムスリップするとしたら…?

記者からの質問タイムでは、「ご自身がタイムスリップできるとしたらどの時代に行きたいですか?」という質問が。

竹内は「自分がおそらく生きていないだろうというところの、ちょっと先の時代へ行きたいです。120年後とか。単純に、自分の未来や携帯電話や車とか、どうなっているんだろうって。ドラマはちゃんとあるかなとか、映画館減っていないかなとか、そういうところが気になります」とコメント。

上野は「昭和の最初の頃、戦争が終わって街が活気づいてきて、人と人とのコミュニケーション(が多かった頃)、隣に住んでいる人に『作り過ぎたから、これあげるよ』とか。そういう時代の暮らしを味わって、その活気とか生きるエネルギーみたいなものをいっぱい浴びたいです」とニッコリ。

榮倉は「もうすぐ子どもが3歳なので、その頃に一回戻って3歳の感覚を体験して、その記憶を留めたいです。子どもって、一緒に歩いてても何を見ても楽しそうなんですよ。全てが新鮮で。その感覚をもう一度知りたい」と目を輝かせた。

鈴木は、「僕は古代ローマの温泉に浸かりたい!古代ローマ人って本当に温泉が大好きなんですよ。遺跡から実際にどういう暮らしをしていたか分かるじゃないですか。皇帝が温泉に浸かりに来る「パムッカレ」という場所がトルコあったんですよ。そこで古代ローマ皇帝と一緒に温泉に浸かりたいです」と熱く語り、記者を驚かせた。

■ 「テセウスの船」第一話あらすじ

生まれる前に父・佐野文吾(鈴木亮平)が殺人犯として逮捕された主人公・田村心(竹内涼真)は、母・佐野和子(榮倉奈々)と姉兄と共に、加害者家族として世間からの厳しい視線を浴び、暗闇の中を生きてきた。

人目を気にして笑うことも許されなかった人生。しかし、心の過去を受け入れ、いつも励まし支えてくれる最愛の妻・田村由紀(上野樹里)から、自分の父親を信じてみてと言われ、心は父に向き合う決意をする。

そんな時、父が逮捕された事件の現場となった村を訪れた心は、突然、事件直前の平成元年にタイムスリップしてしまう。そして、心はそこで生まれて初めて父・文吾と31年前の母・和子に出会うのだった。過去で出会った家族は優しさと笑顔があふれる愛すべき者たちだった。

父・文吾はなぜ殺人犯になったのか? 本当に事件の犯人なのか? 心は過去の世界で、父・文吾の起こす事件の謎を解明し、事件を阻止して過去を変えようと立ち向かう。(ザテレビジョン)