映画「前田建設ファンタジー営業部」の完成披露先行上映会が1月15日に東京・新宿バルト9で行われ、高杉真宙、上地雄輔、岸井ゆきの、本多力、六角精児、小木博明(おぎやはぎ)、英勉監督が登壇。小木らがいつもの低めのテンションのまま舞台あいさつを引っかき回して時間オーバーし、「こんな現場他にないよ」と登壇者が口をそろえる爆笑イベントとなった。

「前田建設ファンタジー営業部」は、アニメや漫画の世界の建物を実際に作ったら経費や工期はどうなるかを検証する建設会社のWEBコンテンツを映画化。本作では、永井豪のアニメ「マジンガーZ」の格納庫づくりに奮闘するサラリーマンたちの姿を描いている。

舞台あいさつでは、撮影裏話を尋ねられた高杉が話し始めると、小木と本多が相槌を入れるように自然に自分のターンに突入。小木がマネジャーとセリフの練習をしていたところ、マネジャーが微妙にキャストのモノマネを入れ始めたため、それなら…と全キャストが次第に付き合うようになったという説明を、上地に「(今の質問は)真宙の!!」と止めるまでひょうひょうと続けた。

高杉に「(喋る機会を奪われないように)気を付けてください上地さん!」とエールを送られた上地は、小木や本多を含めた出演者たちが最初は「鬼のように人見知り」で、「誰もしゃべらない! この子は下を向いてるし、この子は携帯イジってるし…」と、今からは考えられない状況だったと明かす。

岸井はそんな時期があったことを忘れていたようで、「さっき取材で『最初からこんな感じでしたよ』って言っちゃいました…」と懐かしみ、小木は「そんな僕たちを、あのおバカタレント(上地)が全部間に入ってつないでくれたんですよね。おバカタレントがいてよかったですよ」、本多も「今となっては感謝してます」とボケ、上地に盛大にツッコまれていた。

さらに小木は、岸井から「撮影が20時までだったら18時にはマッサージや焼き肉の予約を入れて、巻いて帰ろうとしていた」と暴露され、六角にも「予約を入れちゃったって監督にも言うんですよ。そんな俳優見たことない」「バラエティーじゃないんだぞ!!」と追撃を受けるが、「皆さん優秀だから、だいたい巻くんですよ。だから士気を上げようと思って」と表情を崩さない。

ところが撮影が押す原因は、小木がセリフをかみまくることにあったと判明するが、それでも「みんなに迷惑をかけるから、長ゼリフは全部上地さんにあげました」と悪びれず。

六角は「こんな現場見たことないですよ。監督の言うことは聞かない、かみまくってもみんな笑ってる。しかもみんなで巻いて帰ろうとする。この映画はダメだな…と思いました」とキレつつ、「試写を見たらすごい面白いんですよ。編集どうなってんだよ。魔術師だよあんた!!」と逆ギレしたまま英監督に賛辞を送った。

続いて2020年の抱負を尋ねられた小木が「今回の映画で、自分に画力(えぢから)があると気付いたので、今度は『JOKER』みたいな作品に出たい」とボケると、六角も「上地くんも音楽やってるし、僕も紅白を目指そうかと思っています」と続け、本多も「父親が挫折したコルネットが最近家で見つかったので、習おうかと思っていたところに、まさか紅白出場の誘いを受けるとは…」とボケまくり。

その一方で、岸井が「髪を脱色したい」、高杉が「坊主(丸刈り)にしたい」と続けると、小木は「ふーん。やりゃいいじゃん」とバッサリしてまた爆笑をさらった。

「(役作りやオーディションなどで制約があって)なかなかできないんだよ!」とフォローを入れた上地が「この爆笑のメンバーで海外の映画祭とか歩きたいですね」とまとめたが、小木と本多は「でも海外だとだいたい人数が制限されて、僕ら外されるんだよな」と現実的に愚痴っていた。

■ 英監督「何もできなかった現場(笑)」

このメンバーでの撮影を「悪夢のような…」と形容した監督は「皆さんおっしゃってますけど、こんなに何もしなくてよかった…何もできなかった現場はなかったです(笑)。この原作、原案はまだまだあって、次も、その次も作れるやつなので、ぜひ」と続編に意欲を見せキャストを含む会場から拍手を浴びたが、「メンバーの再編はちょっと考えます」と続けてさらなる笑いを誘った。

最後に主演の高杉が「この舞台あいさつを見ていただいて分かるように、本当にめちゃくちゃなメンバーが集まった映画で、すごい面白い映画になったと思います」と考えながらゆっくり語り出すと、英監督が上地に何やら耳打ち。

上地が「ツッコんでやってください!? …って、僕どちらかというとボケの方なんですけど!」と笑いつつ、その後の高杉の定まらない様子に「フラフラフラフラ…落ち着け! “気を付け(姿勢を真っすぐ)”して前見ればいいから」とアドバイス。

高杉は「あんまり自分の出ている作品にこんなこと言うこともないんですけど、本当にめちゃくちゃ面白いなと。大人になっちゃった人たち、大人になろうとしている人たちに見ていただけたらうれしいなって思いながら見ていました。

僕は仕事を楽しんでやる方法の1つとして、ロマンや子ども心のある人に付いていきたいと思うんですよ。アサガワさんというのはその象徴で、この映画の熱が伝染して、アサガワさんみたいな人が増えたらいいなと思っています」とまとめ、上地に「アサガワさんって、小木さんがやった役ね」とフォローされていた。

 映画「前田建設ファンタジー営業部」は、1月31日(金)より全国公開。(ザテレビジョン・取材・文・撮影=坂戸希和美)