岡田准一、賀来賢人、ラグビー日本代表のリーチ マイケル選手らが起用された、ソフトバンク新テレビCM「青春放題 でんき」篇が、2020年1月16日(木)から全国で放映される。

電気料金の一部相当が通信料金から割引かれる新学割キャンペーン「SoftBank学割」の魅力を伝える新テレビCM「青春放題 でんき」篇は、岡田と賀来が先生役、リーチ選手が校長役として登場。生徒役として、関西ジャニーズJr.・なにわ男子の道枝駿佑、女優・南沙良も前作に引き続き登場している。

■ 全力で青春を謳歌する道枝、南

テレビCM は、南が電源プラグをコンセントに挿すシーンからスタート。寝坊をしてしまった南は、「寝坊したー!」と焦りながらもおしゃれは忘れず、ドライヤーで一生懸命髪を乾かす。

一方で、素敵なヒゲがトレードマークのリーチ校長も、自宅の洗面台で丁寧にヒゲを剃り、整ったヒゲを鏡で見て決めポーズ。道枝をはじめとする腹ペコの男子生徒たちは、電子レンジで温めた山盛りのから揚げや牛丼を美味しそうにほおばったり、大量のスマートフォンを充電しながらこたつで爆睡したり、カク先生とゲームで真剣勝負をしたりと全力で青春を謳歌する。

ガレージでガールズバンドの練習をする南が、ギターボーカルとして、テレビCM のテーマソングになっている「THE HIGH-LOWS」の「青春」を熱唱する。また、道枝と南が一夜漬けでテスト勉強に打ち込むなか、先生のオカダも同じく一夜漬けでテストを採点するなど、青春と電気使用量にまつわるさまざまなシーンが登場する。

テレビCM の最後は、「青春って電気食う。」のキャッチコピーと、こたつで温まって「あったけ〜」と団らんする、オカダ(岡田)、リーチ校長、お父さんの3 人の仲睦まじい姿で締めくくられる。

■ リラックスして撮影に臨んだ岡田とリーチ選手

テレビCM のラストカットで、「あったけ〜」とこたつで団らんするシーンを撮影した岡田とリーチ選手。

前の撮影でもキャッチボールをしていた2人は、ずっとこたつに入っての撮影に「気持ちよくて本当に寝ちゃいそう(笑)」「出たくないですね(笑)」と仲良さそうに笑い合っていたという。

■ ゲームも全力な賀来と道枝の白熱シーン

先生のカク(賀来)が、道枝や大勢の生徒たちとゲームで真剣勝負をする、というシーンでは、監督から、「勝ったら、すごいテンションで喜んでください。大人げないくらいのハイテンションで!」と言われ、「分かりました!」と気合十分の賀来。ゲーム部屋に入ると、あまりの男子生徒の多さに「多いな(笑)!そんなとこにもいる!」と早速ハイテンション。細かいアドリブも交えながら、「俺の勝ちだー‼」と、テンション最高潮の白熱した演技を披露した。

■ おいしそうに食べるのが難しい…唐揚げと真剣に向き合う道枝

大盛りの唐揚げをパクッとほおばるシーンを撮影していた道枝。撮影の合間では、「おいしそうに食べるのって本当に難しくて…せっかくなので、見てくれる人に、“唐揚げが食べたい”って思ってもらえるような演技がしたい!」と話し、表情にバリエーションをつけたり、角度を変えてみたり、唐揚げの大きさを変えてみたり。「こうした方がいいですか?」と監督にたずねながら、真剣に向き合っていた。

■ 楽器を持っての撮影に緊張しつつ楽しそうな南

エレキギターを持って撮影をするのは、今回が2 度目だと言う南。ギター練習もすんなりこなし、歌詞もあっという間にマスター。

「楽器を持って撮影するのは緊張する!」と話していたが、カメラが回ると、バンド仲間とアイコンタクトを送り合ったり、ドラムを担当するお父さんを見て微笑んだりと楽しそう。「いいね!すごく楽しそう!」と言う監督に「楽しいです!」と

答え、現場は穏やかな笑いに包まれた。

■ 後輩の道枝をイジり倒す岡田

撮影の合間でインタビューに応じた岡田と道枝。最初の挨拶から岡田が「道枝駿佑です!」と渾身のボケを披露。すかさず道枝も「いやいや違います!」とツッコミ。これには岡田さんも「ノリがいいね君は!」と絶賛。

その後も「(俺のこと)どう思ってんの?」と無茶ぶりな質問をし、芸能界ラグビー部へ勧誘したりと、岡田からのユーモアあふれるフリに懸命についていく道枝だった。

■ 岡田准一・道枝駿佑インタビュー

―撮影を終えての感想。

岡田:道枝くんは、最初は挨拶に来てくれても全く目を見てくれなくて寂しかったけど(笑)。少しずつ話しかけてくれるようになったよね!

道枝:大先輩なので緊張しすぎて目を見れなくて・・。でも岡田くんからたくさん話しかけてくださって、ようやく緊張が解けてきました!もう目を見つめられます(笑)!

映画の撮影で(V6 の)井ノ原くんともご一緒させていただいたので、今度CM で岡田くんとご一緒しますとお話ししたら「(特技が合気道なんだから)岡田に優しく投げ飛ばされてきな」って爽やかに言われました(笑)。

岡田:僕がイノッチに道枝くんと一緒だよって言ったら「へぇ。」って感じだったよ(笑)。

道枝: そんな反応だったんですか (笑)!?

岡田:うん(笑)。あとは、前回の撮影とかでは、リーチさんからパスをいただいてキャッチボールをしてもらったりして嬉しくて。みんな少しずつ距離が近くなってきて、どんどんやりやすくなってきてますね!

―2020 年の抱負。

道枝:2019 年はグループの活動だけでなく、お芝居にもすごく挑戦させていただいたので、2020 年はそういう分野でももっともっと活躍する一年にしたいです!

岡田:目標にされる先輩になれるように頑張ります!あとは“芸能界ラグビー部”を作りたい。(道枝くんも)入る?

道枝:ちょっとマネージャーさんと相談しながら決めたいと思います…。

岡田:そういうのは自分で決めなきゃダメだよ(笑)!

―こんな“放題”があったらいいな、と思う事。

道枝:テスト勉強とかで課題をたくさん覚えなければいけないので、“覚え放題”があったらい

いですね。学生の欲しい能力です。

岡田:“運動し放題”がいいですね。僕、運動が好きなので…あ、“疲れない放題”にします!

どんなに運動してもトレーニングしても疲れないで、次の日いつでも「ぱっ!」と目が覚める。“疲れない放題”ができたら最高ですね。

■ 賀来賢人 インタビュー

―今回、道枝さんとゲームで真剣勝負をしていましたが、最近“白熱”したことはありますか?

ゲームのシーンも本当に白熱していましたよ!部屋にぎゅうぎゅうに、押入れの中にまで男子生徒がいたんですけど、恐らく僕が来るずっと前から皆さんスタンバイしてくれていて、ものすごい熱気と湿気で…(笑)。あーこういうの懐かしいな、青春だな!って感じました。

あとは、最近ろくろ体験をする機会があったのですが、土と真剣に向き合っている時間が本当に楽しかったです!もっと長くやりたかったぐらい。あれは白熱しましたね。やりたい事を見つけた!と思ったので、今度またチャレンジしたいです。

―こんな“放題”があったらいいな、と思う事。

やっぱり“食べ放題”ですかね・・。体に気を遣っている訳ではないのですが、年をとるとどうしても、ちょっとセーブしちゃうじゃないですか。学生の頃みたいに、何も考えずに肉も甘いものも何でも、“食べ放題”したいですね!

■ リーチマイケル選手 インタビュー

―撮影を終えての感想。

初回撮影は少し緊張しましたが、岡田さんとキャッチボールをさせてもらったり、生徒の皆さんとお話しさせてもらったりして、だんだんと現場に慣れて。今回は最初からリラックスして撮影ができました。岡田さんは本当にラグビーのパスも上手ですね!あと、お父さんと共演できたのも嬉しかったですね。

―2020 年の抱負。

2019 年はラグビーイヤーで色んなことにチャレンジさせてもらった年でしたが、2020 年はとにかく「前へ」出る年にしたいですね。ラグビーでも他のいろいろなことでも、どんどん前へ出て、歩みを止めないで引き続きチャレンジをしていきたいです。

■ 南沙良 インタビュー

―撮影を終えての感想。

エレキギターを持って撮影するのは2 度目なのですが、やっぱり楽器を扱うのはとても緊張します。でもみんなで音合わせをしたりアイコンタクトをしたりして、楽しかったです! お父さんもドラムをしてくださって、すごく可愛かったです。

―今回“一夜漬け”をするシーンがありますが、普段の勉強やセリフ覚えはどうしていますか?

私は徹夜が苦手なので、なるべくそうならないように、空いた時間を有効に使って覚えるようにしています。移動中の車中や、お風呂の中とか…お風呂専用の机に教科書や台本を置いて、頑張って覚えています!

―こんな“放題”があったらいいな、と思う事。

すごくゲームが好きなのですが、ドライアイなのですぐ目が乾いたり疲れたりしてしまって。だから“目が疲れない放題”があったら嬉しいです(笑)!(ザテレビジョン)