AKB48グループの劇場公演のVRライブ配信が、ソフトバンクが提供するスマートフォン向けVRプラットフォームアプリ「LiVR(ライブイアール)」で、2月3日(月)からスタート。1月16日には、東京・秋葉原にあるAKB48劇場で記者発表会が行われた。

記者発表会には各グループから柏木由紀(AKB48)、須田亜香里(SKE48)、白間美瑠(NMB48)、田中美久(HKT48)、本間日陽(NGT48)、瀧野由美子(STU48)が出席。

柏木はメンバーを代表して「LiVR」を体験すると、最前席よりも前に設置されたカメラからのVR映像に「触れそう!」「立体感がある」と大興奮の様子で、「のぞけそう」と体勢を低くして上を見上げる一幕も。

質疑応答の時間には、田中が「普段は恥ずかしくてなかなか(通常配信の)カメラを見られないんですけど、『LiVR』にたくさんアピールできたらいいなと思います」と新サービスに意欲を見せた。

また、質疑応答が終わる間際には「もう1つ言ってもいいですか?」と、コメントのバランスをうかがって控えていたという須田がカットイン。

「私はもともと劇場公演では後ろの隅っこの方が3年以上自分の定位置で、見つけてもらうには苦労したポジションで育ったんですけど、この『LiVR』では視点を変えてメンバー1人1人を楽しめると思うので、今まで(劇場に)足を運んでくださった方にしか気付いてもらえなかったメンバーが、たくさんの方に見つけてもらうきっかけになればいいなと思います」(須田)とアピールした。

AKB48グループの「LiVR」配信は、まずはAKB48劇場、SKE48劇場、NGT48劇場の配信からスタート。各グループの「LiVR」有料チャンネルは月額3300円で、1日限定の「1日試聴券」(1100円)も販売されるほか、各劇場の映像が見放題の「AKB48グループチャンネル」(月額8400円)も用意されている。

また、「LiVR」特製VRゴーグルと各劇場の無料試聴券(30日間)がセットになった「AKB48劇場VRパック」「SKE48劇場VRパック」「NGT48劇場VRパック」の予約販売も、AKB48グループショップにて行われている。(ザテレビジョン)