1月21日(火)放送の「セブンルール」(毎週火曜夜11:00-11:30、フジテレビ系)は、総合格闘家の真珠・野沢オークレア選手(26歳)に密着する。

アメリカ・サンフランシスコに住み、格闘技の本場で一流のファイターを目指している彼女は、2017年、初めての試合で5戦無敗の相手に勝利。勢いそのままに格闘技の祭典「RIZIN」でプロデビューすると、見事に一本勝ちを飾った。

総合格闘技は、パンチやキックといった打撃のみならず、投げ技や寝技など、必要となる格闘技術が多岐にわたる。そのため、彼女は3つのトレーニングジムと契約。遊びや旅行を断ち、全ての時間をトレーニングに注いでいる。

■ 母・野沢直子の思いとは

アメリカで生まれ育った彼女は、9歳で空手を習い始めた。高校を出て看護師の学校にも通ったが、心からやりたいとは思えなかったという。

転機は20歳の時。テレビで見た総合格闘技に憧れ、格闘技のジムに通うと、たちまちのめり込んだ。

そんな彼女の母親は、タレント・野沢直子。突然、格闘家の道に進んだ娘に驚いたと語る。総合格闘技は、家族にとっては目を覆いたくなるような激しい場面の連続だ。試合のたびに心配で泣いてしまうという母の娘への思いとは。

■ 若林正恭が「親との関係」を語る

対戦相手からどれだけ攻撃されても、楽しそうにしている真珠選手の表情を見て、スタジオにいる出演者たちも「なんでここまでできるんだろう」「格闘技が合っていたんだろうな」と、驚きの言葉を口にする。

そんな中、彼女のあるルールから、スタジオの話題は「親との関係」に。

母から褒められることが少ないという若林正恭は、小さい頃、初めて補助輪が取れた自転車に乗れた時のことを話す。褒めてほしかった若林に対し、母が口にしたという言葉にスタジオメンバーは爆笑。しかし、当時の若林は憤慨したというその一言とは。(ザテレビジョン)