グラビアアイドルの唐沢りんが、DVD「二時間だけのバカンス」(グラッソ)発売記念ファンイベントを開催。囲み取材に応じた唐沢が、作品の見どころの他、今後の目標などを語った。

初めて訪れた沖縄で撮影されたという本作。一番セクシーなシーンについて「最後のシーンなんですけど、赤眼帯水着もピンクベージュのお風呂のシーンも、朝のベッドのシーンも、今回、“レース感”の多い衣装がたくさんあって、体のラインがよく分かったりとか、接写だと感触も分かりそうなくらいのリアルな衣装なので、そこも楽しんでみていただきなと思います」とアピールした。

今回が11枚目のイメージDVDという唐沢。今作に点数を付けてもらうと「100点です!ファンの方とか周りの方からジャケット写真とかも好評だったので、自己評価というよりは周りの評判が良かったので100点かなと思います」と胸を張った。

■ 結婚観を告白

唐沢は1988年10月6日生まれ。記者からは“結婚”にまつわる質問も寄せられた。唐沢は「今回のDVDでは、結構グイグイいっているキャラなんですけど、私生活では自分からグイグイいく方ではないので…ちょっと積極的にならないといけないかなと(笑)。

何歳でとかは考えていないんですけど、いい出会いがあればしたいなという感じですかね。願望はあります(笑)。16歳とかで結婚したかったんですけど(笑)、倍くらいいっちゃいました(笑)。大好きと言ってくれる人がいいです」と憧れを口にした。

今後のグラビア的な目標について「知名度とか、グラビア活動の幅だったり、まだまだ足りていないと思いますので、これからもやっとことのない写真集とか、イベントとか、テレビ番組とかどんどん出ていきたいなと思います」とさらなる飛躍を誓った。

最後にこの日の衣装について「南国をイメージした、ヤシの葉っぱというか、今回またオフショルを着てきました」とこだわりを説明した。(ザテレビジョン)