栗山千明主演「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」が、3月7日(土)に「特別篇 悪魔の学問」(夜9:00-10:49)、4月期に連続ドラマSeason2(毎週土曜夜9:00-9:55)で帰ってくる。

本作は佐藤青南の同名小説を原作に、刑事・絵麻(栗山)が行動心理学で被疑者のうそを見抜くミステリー。今回栗山が取材に応じ、見どころや演技で意識していることを明かしてくれた。

――シーズン1が好評を博した本作の魅力を教えてください。

心理学に興味あっても難しそうだと感じている人が多いと思いますが、このドラマでは分かりやすく描かれています。一見仕事ができそうにない女性が活躍するという点が、これまでの刑事ドラマとは違う新しい要素だと考えます。あとは刑事なのにキャバクラ嬢のようなトークを被疑者にしたり、相棒刑事とのコミカルなやり取りも面白いです。

――ドラマで学んだ行動心理学を使って、私生活でうそを見抜いたことは?

それが全然分からないんですよね〜。たくさん勉強になっているんですが、0.2秒のちょっとした条件反射を見分けることができる絵麻は、改めてすごいなと。私生活で人を疑って見てないですけどね(笑)。

――絵麻を演じる上で意識していることは?

前回からプロデューサーや監督とたくさん話し合い、絵麻像を共有していました。絵麻は刑事ですが、“絶対的正義”ではないというか、悪を悪として切り捨てる怖さがあります。情報を聞き出すために相手に優しくすることはあっても、同情しないスタンス。なので、“閻魔(えんま)様”って呼ばれている役です。

――そんな“閻魔(えんま)様”ですけど、ファッションはかわいいですよね。

今回もすごいですよ〜!フィッティングも時間をかけて、とても悩んで決めた衣装なので、私自身も楽しんで着させていただいています。衣装スタッフさんの提案も、どんどん凝った奇抜なものになっています(笑)。そして、スペシャルで描かれる過去の絵麻は、服装など風貌が全然違うので注目してください。

――最後に見どころを教えてください。

取調室を舞台に物語が進むのは、全体通しての見どころの一つです。スペシャルでは絵麻のルーツが分かるので、新しい一面に期待して下さい。また、行動心理学が分かる者同士の対決が描かれます。絵麻が心理行動を読まれる側になるんです。

シーズン2は現在撮影中ですが、過去の絵麻を演じたことによって、私としてはより深みが出た気がします。前作を見ていない方でも見やすい1話完結の物語なので、今回で気に入っていただけたらシーズン1も見たくなると思います!(ザテレビジョン)