世界的フィルムメーカーのギレルモ・デル・トロが企画・製作し、ストーリー原案を担当した映画「スケアリーストーリーズ 怖い本」が2月28日(金)から全国で公開。今回、恐怖のシーンを描いた本編映像が解禁となった。

■ おどろおどろしい挿絵と非道徳的な内容で、批判が殺到した“いわくつきの短編集”

人間の女性と異形の生き物との愛を描いた「シェイプ・オブ・ウォーター」(2017年)で第90回米アカデミー賞監督賞を受賞し、名実共に世界的フィルムメーカーとなったデル・トロ。

「パンズ・ラビリンス」(2006年)のペイルマンやパン、「シェイプ・オブ・ウォーター」の半魚人など、数々の奇怪で美しい名モンスターを生み出してきた、クリーチャー愛にあふれる彼が、オスカー受賞後に初めて企画・製作し、ストーリー原案を担当した作品が「スケアリーストーリーズ 怖い本」となる。

本作の基になっているのは、デル・トロ自身が若いころに多大な影響を受けた同名児童書(岩崎書店)。全米各地の怖い話を短編集としてまとめた「スケアリーストーリーズ 怖い本」は、子どもたちの恐怖心と好奇心をつかみ、瞬く間にベストセラーになった。

だが、スティーブン・ガンメルの描いたおどろおどろしい挿絵と道徳的でない内容に、親や教師から批判が殺到。全米の学校図書館に置くことが禁じられたという、いわくつきの短編集だ。

■ 「DEATH NOTE」以上の恐怖が襲う!

本作のキーアイテムとなるのが、作家志望の主人公・ステラがハロウィンの夜に、町外れの幽霊屋敷からこっそり持ち帰った1冊の本。その本は毎夜、物語をひとりでに書き記し、その主人公となった者は、いつの間にか姿を消してしまうという呪われた“怖い本”だった。

この設定で思い浮かぶのは、映画化もされた大ヒット大人気コミック「DEATH NOTE」だが、“デスノート”(=名前を書いた人間を死なせることができるノート)は持ち主が名前を書くことができるので、誰がいつどのように死ぬのかを、コミックの読者も事前に知ることができた。

しかし、本作の“怖い本”は気まぐれに主人公を選び物語を綴っていくので、映画の登場人物にはもちろん、見ている側も物語が書かれるまで誰がターゲットなのかが決して分からない。

“デスノート”は死神のノートだったが、“怖い本”は一体誰の本なのか?、どんな呪いがかかっているのか?、そしてステラと仲間たちはその呪いを解くことができるのか?

■ “怖い本”が、ひとりでに物語を書き記していく…

今回解禁となった映像は、その“怖い本”がひとりでに物語を書き記していく恐怖のシーン。ステラの部屋で、友人のラモンが手に取った“怖い本”を見て、唖然とするステラ。幽霊屋敷からこっそり持ち帰ったことを後悔し、前日屋敷に返したはずだった。

ステラは、本がなぜ自分の部屋にあるのか、わけが分からず顔面蒼白でパニックに。しかも、本の余白ページには、友人のオギーを主人公にした物語が、血のような文字で勝手に浮かび上がってくる。

必死になってページを破っても破ってもその物語は書き続けられ、止めようにもやり方がわからない。オギーに警告しようとトランシーバーを手に取るステラは、オギーと連絡を取ることができるのか…。

この「DEATH NOTE」のようなアイデアは、デル・トロが考えたという。

「その本は、読者の目の前で物語をカスタマイズしていき、読者の内にある恐怖心を引き出すんだ。それによって、観客は映画の登場人物1人1人に物語が訪れる様子を見るという、実に楽しいスリルを体験し、今度は自分自身が覚悟することになるんだよ」と、その思惑を説明している。

■ 「スケアリーストーリーズ 怖い本」ストーリー

読むな危険。その本は、絶対に開いてはいけない――。

ハロウィンの夜、町外れの幽霊屋敷に忍び込んだステラたちは1冊の本を見つける。そこには、噂に聞いた怖い話の数々が綴られていた。

持ち帰った次の日から1人、また1人と仲間たち消えていく。そして、その“怖い本”には毎夜ひとりでに新たな物語が書かれていくのだ。

主人公は消えた仲間たち。彼らが“いちばん怖い”と思うものに襲われる物語が、そこにあった。次の主人公は誰なのか? 彼らはどこへ消えたのか?“怖い本”の呪いからはだれ1人逃げられない――。(ザテレビジョン)