日向坂46齊藤京子が、2月12日に自身のオフィシャルブログを更新。同日グループ卒業を発表した井口眞緒への思いをつづり、ファンから大反響が寄せられている。

「感謝でしかない出会い」とのタイトルが付けられた今回の投稿では、けやき坂46(ひらがなけやき)時代のオーディションでの出会いから振り返っている。

すでに三次審査の時点でお互いを認識していたという齊藤と井口。その時すでに齊藤は井口の独特なキャラクターに気付いていたとか。

■ いつも一緒に

その後、無事“けやき坂46”のメンバーとなった二人は、いつしかホテルの部屋は一緒、移動の飛行機・新幹線の座席も隣になった。

二人の絆を一層深めたのが、2018年6月に放送された「ひらがな推し(現・日向坂で会いましょう)」(テレビ東京)の企画、1stアルバムヒット祈願バンジージャンプだった。

キャプテン佐々木久美に続き、2番手で飛ぶことになった井口は「私が飛んで大丈夫だよっていうのを証明したい」と意気込んだ。

そんな中、位置についた井口は、遠くで見守っていた齊藤に「京子見ててね!京子祈っててね!」と呼び掛けた。齊藤も「私も頑張るから頑張ってね」とやりとりした。

■ 「HINABINGO!」でも

また、2019年7月に放送された「全力! 日向坂46バラエティー HINABINGO!2」(日本テレビ)内の企画「全力!熱唱!日向坂46 あなたのために歌いたい!」では、井口は齊藤を指名。

「私にとって齊藤京子は親友で、オーディションの三次審査の時に出会ってから3年以上、つらい時とか楽しい時も一緒に乗り越えてきて。

私がバラエティーでスベったりした時も、京子は面白くもないのに誰よりも笑い過ぎっていうくらいたくさん笑ってくれて」と齊藤に対して最大級の感謝の気持ちを明かしていた。

ブログを見たファンからは「きょんこのブログ泣ける」「おすずときょんこ あやちゃんのブログ見て泣いてしまった」「きょんこが一番にブログあげて良かった」「ステキな言葉がたくさん」「涙腺崩壊です」「ダメだ涙が止まらない」と、大きな反響が寄せられていた。(ザテレビジョン)