アグレッシブでパワフルなパフォーマンスが魅力の、7マイク・フリースタイルグループBALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE。その”力“をつけるためにやっていること、そして、2020年に全員が20代になるということで、大人の階段を上がる気持ちや実感を聞いた。

■ ひたすら筋トレの日々…かと思いきや、意外すぎる答えが続々!?

――ステージでアグレッシブに動き回るためには、日頃から筋トレなどの体力作りは必至だと思うんですが、どのようなことをしているんですか?

深堀未来「筋トレはそれぞれが自分に合わせたやり方でやってますね。でも、体力作りは筋トレ以外で意識してやっていることってないんですよ」

――食事制限もしていない?

日高竜太(※高、正しくははしごだか)「はい。好きなものを好きなだけ食べてます」

松井利樹「ごはんもおかわりします(笑)」

奥田力也「コーラも飲むし、ファストフードも食べます」

海沼流星「から揚げも好きだし」

加納嘉将「ラーメンも食べる」

松井「スィーツも食べますね」

砂田将宏「たくさん食べても、練習でしっかり動いているし、いっぱい汗をかいているから、食べた分をそこでかなり消費しているんだと思います」

松井「もし身体を動かしてなかったら、僕、相当太ってるんじゃないかな」

奥田「この前は、コーンフレークに練乳をかけて食べました。しかも夜中1時に」

松井「僕はそれを夜中の2時に食べました(笑)。めちゃくちゃ美味しいんです」

深堀「食べた分だけ消費して、消費したらおなかすくので、また食べます」

■ カッコいい大人になる覚悟はすでにできてます!

――消費カロリーが半端ないです!ところで、2020年は松井さんが3月、砂田さんが5月に20歳になるので、メンバー全員が20代になります。大人になった実感や大人の階段を上がる気持ちを教えてください。

奥田「20歳になってからは、先輩方や友達とお酒を飲むことができるようになったので、いい意味で大人同士の話ができるようになったように思います。あと、僕は未来を小学生の頃から知っているので、一緒にお酒を飲むということ自体がすごく新鮮でした」

深堀「それは僕もすごく不思議な感じでしたね。普段はなかなかできないような深い話までできるのは、幸せなことだなって思いました」

松井「僕は19歳なので、自分が20歳になって大人になるんだっていう実感がまだなくて」

砂田「僕もまだ実感がないです」

日高「2人とももうすぐ20歳になるんだけどね」

砂田「誕生日(5月17日)が近づいてくると実感するようになるのかも?」

松井「僕、カッコいい大人になる覚悟はすでにできてます!」

深堀「実際に20歳になってみると、そこでガラリと自分自身が変わるわけではないんですけど、大人の責任感といいますか。気が引き締まる感じはありましたね」

奥田「ここから歳を重ねて、これからもいろんな経験を積んで、憧れてもらえるようなカッコいい素敵な大人になりたいです」

海沼「僕は10代の頃とあまり変わってないかも。今でもゲームが大好きだし。これから年齢を重ねていくうちに、いろいろと変わっていくのかもしれないですけど」

日高「僕は24歳になったばかりなんですけど、20歳を超えてからの年齢差と10代の頃の年齢差はなんか違う感覚があって。17歳も18歳もそんなに年齢差を意識したことがなかったんですけど、20歳と21歳、21歳と22歳の差って、僕は全然違っていたんです」

加納「もしかしたら、それが大人の階段を上るっていうことなのかも?」

日高「年齢は関係ないのかもしれないけれど、その時その時の楽しみ方があると思うので、僕は24歳なりの今の自分にしかできないことを、無理して背伸びせずに楽しみたいです」

加納「僕、自分が23歳になっているのが不思議で。この前20歳になったばかりだと思っていたのに、あれ?23歳!?って。いつのまにか大人の階段を3つも上ってました(笑)」(ザテレビジョン)