WEBサイト ザテレビジョンでは、2月11日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

■ 1位「恋はつづくよどこまでも」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系)15573pt

2月11日に第5話が放送された。七瀬(上白石萌音)のストーカーと天堂(佐藤健)がもみ合いになり、ケガを負った七瀬。その帰り、天堂は「彼氏になってやる」と告げる。公私混同したくないという天堂に交際を周囲に明かさないように口止めされるが、5年越しの片思いが実った七瀬は舞い上がる。

そんななか、循環器内科の主任ナース・茉莉子(平岩紙)の長男・真司(醍醐虎汰朗)が不整脈治療のため入院する。年齢も近いことから、アブレーション治療の介助に加わりたいと名乗り出る七瀬。だが、七瀬の未熟さを知る茉莉子は息子を思うあまり、天堂に七瀬を介助メンバーから外して欲しいと願う。

茉莉子は天堂の指示として介助のメンバーに七瀬以外のナースの名を挙げ、ショックを受けた七瀬は天堂を責める。しかし、七瀬は来生(毎熊克哉)から茉莉子の親心があったことを聞き、病院に戻る。すると、天堂は発作を起こした真司の治療中だった。七瀬は入院中の真司の様子から喘息によるものかもしれないと気付き、無事に治療を終えた。

ラストは、副院長の小石川(山本耕史)から「心に線は引けない」とアドバイスをもらった天堂が、ナースたちの前で七瀬と付き合っていることを明かした。

勤務スケジュールで自分との食事のために七瀬の予定を空けてほしいと願った天堂のことを不思議に思うナースたちに対し、七瀬の頭をポンポンとして「俺の、彼女だから」と宣言。“天堂担”の視聴者は大興奮だった。

放送直後に公式Twitterでは「#天堂担の皆さまへ。『俺の、彼女だから。』と言われている七瀬の目線はこちらです。ご査収くださいませ」と、七瀬目線の天堂の写真をアップ。こちらにも「やばい」「テレビの前で口が閉まらなかったです」「キュンキュン」と大興奮のコメントとともに大反響となった。

■ 2位「スカーレット」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15、NHK総合)12848pt

2月11日放送の第110話は、冒頭で喜美子(戸田恵梨香)の母・マツ(富田靖子)が亡くなった。大野夫婦(マギー、財前直見)の店を訪れているときの静かな最期に、悲しみの声が上がった。

そして、物語はマツが亡くなって、喜美子が一人暮らしを始めて3年半がたったころへ。突然、八郎(松下洸平)から電話がかかってくる。その後、途中で会った照子(大島優子)とともに川原家へとやってきた八郎は、仏壇を拝む。

化粧っけのない喜美子にアドバイスをする照子が去ったあと、2人きりになった喜美子と八郎はぎこちなく対面。数年ぶりに息子・武志(伊藤健太郎)のことを話し始める。

互いを名字で呼び合い、基本は敬語だが、ときおり敬語でなくなる喜美子と八郎の会話に、視聴者からは「さびしい」「この距離感がひりつく」といった感想が寄せられた。

■ 3位「10の秘密」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)7354pt

2月11日に第5話を放送。瞳(山田杏奈)の誘拐事件が、由貴子(仲間由紀恵)が仕組んだ自作自演だと気付き、がくぜんとする圭太(向井理)。金のために娘を誘拐した元妻を激しく非難するが、由貴子は悪びれる様子もなく、すべては新しい人生を始めるためだと話す。

一方、10年前の火事で死者がいたうえに、圭太がその被害者家族にひそかに金を送っていたことを知った瞳は、娘の罪をひた隠しにしてきた圭太を軽蔑し、家を出て行ってしまう。仕事も失い、八方ふさがりの圭太は、瞳との生活を取り戻すために金を工面しようと竜二(渡部篤郎)を訪ねる。

由貴子が盗み出したデータに3億もの売値をつけて取引に成功し、さらに手帳を使ってもう3億を手に入れようとしていることを知った圭太。永盛(高杉亘)に依頼し、由貴子が竜二から受け取った3億を強奪した。

由貴子がお金を奪い返そうと躍起になるなか、ラストでは瞳と頻繁にコンタクトを取ろうとしている翼(松村北斗)のことを菜七子(仲里依紗)から聞いた圭太は、翼のもとへ。すると翼は10年前の火事で亡くなった女性の息子であることを告白した。

翼についての謎が一つ明らかになるも、「母は殺された。あの日訪ねてきた男に」と告げ、その男が圭太であると迫った。

圭太と由貴子の攻防に加え、翼に関する新たな謎が浮上し、視聴者から驚きの声が。菜七子の動きに注目するコメントも多く、SNSは考察で盛り上がった。

WEBサイト ザテレビジョンの「視聴熱」ページでは、4〜10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)