「コカ・コーラ社 東京2020オリンピック聖火リレー」PRイベントが2月12日に東京都内で行われ、コカ・コーラ・チーフ・オリンピック担当・オフィサーを務める北島康介が登場した。

同イベントでは、3月26日(木)から始まる東京2020オリンピック聖火リレーで使用される伴奏車「コンボイ車両」などの隊列車両3台をお披露目した他、聖火リレー期間中に行われる「セレブレーション」の内容が発表された。

登壇した北島は「今日は伝えたいことがたくさんあるんですけど、やっと公開できるのですごくわくわくしています!」とにやり。

そんな中、司会者から「熱心に取り組んだことで、誰かが喜んでくれたエピソードは?」と聞かれると、「僕は現役の時には本当に水泳一色でしたので、オリンピックで結果を残してたくさんの方に喜んでもらえたことはすごく良かったなと思いますね。

自分が頑張ることに対して周りがすごく応援してくれたり喜んでくれたりするのを、東京2020オリンピックでたくさんの選手が味わってくれると思います。まぁ、チョー気持ちよかったですね!(笑)」と“伝説の名言”を交えて回答し、会場を沸かせた。

また、多くの応募者の中から選ばれた一般聖火ランナー7人が登場。北島は聖火リレーについて「僕も過去に2度ほど走らせてもらいましたけど、大変緊張したのを覚えています。ただ、一人で走るわけではなく周りの沿道で応援してくださる方がいて、それがすごく心強く感じました。今回選ばれた方たちも、それをぜひ武器にして楽しんでもらえたらなと思います」とにっこり。

その後、一般聖火ランナー一人一人にトーチを渡し、「一緒に盛り上げましょう!」と声を掛けていた。(ザテレビジョン)