2月9日に生放送された「Abema的ニュースショー」(毎週日曜昼0:00-2:00、AbemaNewsチャンネル)にSKE48・須田亜香里がゲスト出演。男性との交際経験について言及する場面があった。

本放送では、大阪府が「18歳未満との性的欲望を満たすことだけを目的としたわいせつ行為を禁じ、真剣交際以外はすべて違反とする」という大阪府青少年健全育成条例の改正案を2月にも議会に提出するニュースを取り上げ、“真剣交際”の定義について激論が交わされた。

■ SKE48・須田亜香里、“神対応”はピンポイント?

2018年に行われた「AKB世界選抜総選挙」で第2位にランクインするなど、握手会での“神対応”によりファンから絶大な支持を獲得しているゲストの須田。

大阪府の条例改正を報じたVTRの中で、「いつも番組が終わるとスタッフにお礼の手紙を渡しているが、渡す相手がプロデューサーだけ」と“ピンポイントでの神対応ぶり”を暴露され、須田が「違う違う!」と即座に否定する場面も。

■ ジュニアらの“疑惑の目”に大慌て!?

さらに、本番組のMCを務めるお笑い芸人の千原ジュニアから「真剣交際って何なんですか?」と質問を受けた須田が、「そうですよね。まだそういった経験をしたことが実はないんですけど…」と前置きした上で話し始めると、千原はすかさず「ちょっと待ってください。後ろに座っている拓(ドランクドラゴン・鈴木拓)がえらい笑っているんですけど」と制止。

“疑惑の目”を向ける鈴木から「だって、おいくつですか?」と問われた須田は、「28歳ですよ。アイドルをもう10年しているので、その間お付き合いしてないので」と返すが、千原から「だから遊びしか経験ないってことでしょう」と思わぬツッコミを入れられ、「マジで違います、語弊がある」と大慌てで否定する展開に。

これにはスタジオが笑いに包まれ、番組内で相次ぐ“イジリ”に応戦する須田の姿に、視聴者からは「あかりん頑張ってた」「愛のあるイジリの洗礼お疲れ様」「あかりんから手紙貰いたい」など反響が上がっている。

その他、番組内ではスタジオゲストとして登場した雑誌「SPA!」副編集長の田辺健二氏の解説を交えながら、「人気YouTuberに見る“バズる法則”」の特集を放送。

さらに鈴木が“YouTuber進出計画”を告白し、自身のYouTubeチャンネルを開設したことを明かした。(ザテレビジョン)