2月13日(木)放送の「直撃!シンソウ坂上」(夜9:00-9:54、フジテレビ系)は、名俳優・勝新太郎(享年65歳)と、その妻・中村玉緒を特集。昭和の芸能界を騒然とさせた勝のさまざまなスキャンダルの真相を探るため、妻の玉緒にMCの坂上忍がインタビューを行う。

まずは、玉緒が勝とのなれ初めを語る。映画の共演をきっかけに出会った勝と玉緒。人間国宝の父と兄を持つ歌舞伎界の名門・成駒屋のお嬢様として育った玉緒について、後に勝は「玉緒なんて呼び捨てにできる人じゃなかったからね」と振り返っている。そんな超お嬢様の玉緒に対して、勝が行った意外過ぎるアプローチ方法が明かされる。

■ “3大事件”の真相とは

また、勝が引き起こした“3大事件”の真相にも迫る。

一つ目は、「借金14億円騒動」。結婚後、出演作を立て続けにヒットさせた勝は、自分で好きな映画を作りたいという思いから35歳で映画制作会社「勝プロダクション」を設立する。しかし、映画作りへのこだわりから制作費を使いすぎ、さらには勝が毎晩のように夜の街で豪遊したことで多額の借金を抱え倒産。

「勝プロダクション」倒産後、玉緒は借金返済のため、新会社「勝プロモーション」を設立し、自ら社長に就任した。「お金には恵まれなかったが、(出会った)人間に恵まれた」と語った玉緒が、借金返済の裏側を打ち明ける。

二つ目は、世間を騒然とさせた「大麻パンツ事件」。勝は、1990年にパンツの中に大麻とコカインを隠し持っていたとしてハワイの空港で現行犯逮捕される。勝が「これから、パンツをはかない」と語った記者会見は今でも語り草となっている。

今回、玉緒は、警察の家宅捜索を受けた際の様子などを克明に告白。夫不在の中、玉緒が警察を相手にした行動に、坂上は思わずあ然とすることに。

■ 試写会に向け中村玉緒がしていたことを告白

そして三つ目は、「世界の黒澤明との大げんか」。40年前、勝は「羅生門」(1950年)、「七人の侍」(1954年)などで世界的な名声をほしいままにしていた黒澤監督の新作「影武者」(1980年)で主演を務めることが決まった。しかし、役作りへのこだわりから自分だけを撮影するカメラを置き、自ら演技をチェックしたいという勝の願いを黒澤が一蹴してしまう。

この黒澤の決定に不満を持った勝は、あっさりと降板を申し出たのだ。芸能界のみならず、社会的な問題となったこのスキャンダルの裏側とは。

さらに、自ら降板を申し出たにもかかわらず、勝が「影武者」の試写会に一人で参加したという仰天エピソードは有名だが、玉緒はその試写会を切ない気持ちで見つめていた。実は玉緒は、勝の主演が決まった時から、二人で試写会に出るため人知れず準備をしていたというのだ。試写会を楽しみにしていた玉緒は何を準備していたのか。勝にも知らせることのなかったエピソードが明かされる。

勝は64歳の時、仕事先で突然吐血する。病院で医師から告げられた病名は、下咽頭がん。番組では、勝の知られざる闘病生活をドラマ化。玉緒が「この時は、本当につらかったです」と振り返った闘病生活の真相や、勝のさまざまなスキャンダルに振り回されながらも、「離婚を考えたこともなければ、何の恨みもない」と坂上に対して言い切った、玉緒の勝に対する思いが語られる。(ザテレビジョン)