2020年3月4日(水)に放送される信州発地域ドラマ「ピンぼけの家族」(夜10:00-11:00、NHK BSプレミアム)の試写会が行われ、泉澤祐希、南沙良、丸山智己らが出席した。

同ドラマは、フィルムカメラの生産地で「東洋のスイス」と呼ばれる長野・諏訪地域が舞台。亡き祖母の遺品から見つけたフィルムカメラを手に、写真を探す青年・裕介(泉澤)が、さまざまな人々と出会い、忘れていた“家族の記憶”を取り戻す姿を描く。

泉澤は、「銭湯が好きなのですが、地元の方に『ここの銭湯いいよ』と聞いて、お休みの日に行きました。立って入るお風呂があったのですが、とても新鮮でしたね。皆さん優しくて、そこで知り合ったおじいちゃんに『ここのお風呂はこう入るのが粋なんだよ』みたいなことを聞いてました」と長野での撮影を満喫した様子。

南は今回の撮影で初めて諏訪地域を訪ねたそうで、「時間の流れがゆっくりしていて…。また、諏訪湖がすごく雄大で美しかったです」と感想を明かした。

一方、長野県東御市出身の丸山は、「地元でドラマを撮るという経験が初めてで、不思議な感じでした。長野のゆっくりとした時間の流れやさわやかな空気に浸りながらお芝居できてよかったです」と撮影を振り返った。

作中には、泉澤が実際に地元の方と交流するドキュメンタリーパートも。

泉澤は、「率直に言うとすごく難しかったです。せりふをいただかないと上手く話せないんですよね。地元の方に引き出していただく部分もあったし、自分が引き出さないといけないところもあって。この経験はとても新しい感覚でした」と感想を明かした。(ザテレビジョン)