WEBサイト ザテレビジョンでは、2月12日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

■ 1位「知らなくていいコト」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)9896pt

2月12日放送の第6話は、実力派人気棋士・桜庭(田村健太郎)の妻・和美(三倉茉奈)から女優の文香(佐津川愛美)と夫が不倫していると直々のタレコミを受けたケイト(吉高由里子)。

桜庭たちは将棋の棋譜を使った暗号を使っており、ケイトはその解読を高校時代に将棋部だった春樹(重岡大毅)に依頼。その後、特集班のメンバーが張り込みをし、ケイトは密会現場の直撃に成功した。

ケイトの直撃に、謝罪しつつも「後から出会ったっていうだけで、私の愛が薄汚いもののように言われるのは違うと思います」と堂々と告げた文香。

スクープとなったものの、すっきりしないケイトは尾高のもとを訪れる。かつて恋人同士だったケイトと尾高(柄本佑)だが、現在は尾高には妻子がいる。「後味が悪いのは俺と不倫みたいなことをしてるから?」と尾高。

「やっぱり不倫なんだ、私たち」というケイトに対し、尾高は「違うよ」と否定。ケイトの父と思われる殺人犯・乃十阿(小林薫)のことで秘密を共有している状況などを説いた。

しかし、「けど問題が1個ある」と続け、「俺の心のなかにいつもケイトがいる」と告白したが、「踏みとどまろう」と言い、ケイトもうなずいた。

そこで終わるかと思いきや、突如、尾高はケイトを抱き寄せてキスを。これには「突然なキス反則すぎる」「ひゃあああってなった」などと、視聴者も騒然となった。

さらに19日(水)放送の次回予告では、ケイトが何者かに刺された様子と、ケイトの父について暴露する“闇落ち”した春樹の様子が。「いろいろ衝撃過ぎて次回待ちきれない」と大いに話題になった。

■ 2位「スカーレット」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15、NHK総合)8126pt

2月12日に第111話を放送。京都の美大を卒業した武志(伊藤健太郎)が信楽に戻ってきて、喜美子(戸田恵梨香)は久しぶりににぎやかな時間を過ごす。ある晩、武志が喜美子を誘い、親子で初めて居酒屋に出かけて飲み交わす。武志は喜美子に学生時代の思い出話を語り、大学時代の恩師の存在を明かす。

その恩師を追って信楽の窯業試験場に通うことになった武志は、早々に市内で下宿を始める。喜美子は再び一人暮らしに戻る。

武志と居酒屋で過ごした夜、喜美子は学生になった夢を見た。信作(林遣都)の実家である喫茶店「サニー」で、信作、照子(大島優子)と勉強をしているというもので、喜美子はセーラー服を着ていた。その姿に「かわいい」と盛り上がった一方で、家庭の事情で高校に進学しなかった喜美子が「試験勉強かぁ、うれしい」とつぶやく様子には「少し切なくなった」との声もあった。

また、喜美子は武志の恩師である掛井(尾上寛之)にあいさつをするため窯業研究所を訪れる。そこには先客として、照子と長男・竜也(福崎那由他)の姿が。

竜也は金髪の“ヤンキー”となっており、「『家庭菜園照子』に夢中になってる間にあんななってしもた!」と、喜美子に動揺しながら言う照子。しかし、竜也が扉を蹴って出て行くと、「おい!先行くな!待たんかコラ」とどなり、照子らしい様子が笑いを誘った。

■ 3位「恋はつづくよどこまでも」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系)7600pt

2月11日に第5話が放送された。七瀬(上白石萌音)のストーカーと天堂(佐藤健)がもみ合いになり、ケガを負った七瀬。その帰り、天堂は「彼氏になってやる」と告げる。公私混同したくないという天堂に交際を周囲に明かさないように口止めされるが、5年越しの片想いが実った七瀬は舞い上がる。

そんななか、循環器内科の主任ナース・茉莉子(平岩紙)の長男・真司(醍醐虎汰朗)が不整脈治療のため入院する。年齢も近いことから、アブレーション治療の介助に加わりたいと名乗り出る七瀬。しかし、七瀬の未熟さを知る茉莉子は息子を思うあまり、天堂に七瀬を介助メンバーから外して欲しいと願う。

茉莉子は天堂の指示として介助のメンバーに七瀬以外のナースの名を挙げ、ショックを受けた七瀬は天堂を責める。しかし、七瀬は来生(毎熊克哉)から茉莉子の親心があったことを聞き、病院に戻る。すると、天堂は発作を起こした真司の治療中だった。七瀬は入院中の真司の様子から喘息によるものかもしれないと気付き、無事に治療を終えた。

ラストは、副院長の小石川(山本耕史)から「心に線は引けない」とアドバイスをもらった天堂がナースたちの前で七瀬と付き合っていることを明かした。

勤務スケジュールで自分との食事のために七瀬の予定をあけてほしいと願った天堂のことを不思議に思うナースたちに対し、七瀬の頭をポンポンとして「俺の、彼女だから」と宣言。“天堂担”の視聴者は大興奮だった。

放送直後に公式Twitterでは「#天堂担の皆さまへ。『俺の、彼女だから。』と言われている七瀬の目線はこちらです。ご査収くださいませ」と、七瀬目線の天堂の写真をアップ。こちらにも「やばい」「テレビの前で口が閉まらなかったです」「キュンキュン」と大興奮のコメントとともに大反響となった。

WEBサイト ザテレビジョンの「視聴熱」ページでは、4〜10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)