戸田恵梨香がヒロインを演じる連続テレビ小説「スカーレット」(朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。

同ドラマは、高度成長期時代の滋賀・信楽(しがらき)を舞台に、男性ばかりの世界をがむしゃらな強さと持ち前の明るさで生き抜く女性陶芸家・川原喜美子(戸田)の姿を描く。

第113回(2月12日放送)では、烏丸せつこ演じる謎の女性・小池アンリが登場し、その独特な感性と言動に注目が集まった。

アンリは、喜美子の作品を求めて「かわはら工房」を訪れた客で、喜美子の作品に愛しそうに指を添わせ「 (この作品は)カントリーブルースが聞こえる」と言い、喜美子を驚かせた。

そして、工房を訪れるうちに、作品を通じて2人の間には不思議な友情が芽生える。

そんなアンリを演じる烏丸が、“朝ドラ”初出演の気持ちや戸田の印象などを語った。

――今回「スカーレット」に出演が決まったときのお気持ちはいかがでしたか?

私、全く“朝ドラ”に興味がなかったんです(笑)。もともとスタジオで撮影するテレビドラマに出演することがあまりないので、ちょっと畑が違うかなと思っていて。まさか自分に出演のオファーが来るとは思っていなかったですね。

ですが、出演のお話をいただいた時に「地元(滋賀県)が舞台やし、やってみようかな」と思ってしまったんです。この年で!(笑)

実は私、デビューの直後に2回、“朝ドラ”ヒロインのオーディションを受けて落ちてるんです。“朝ドラ”に関わりがあるのはその2回だけ。今回の「スカーレット」出演をそのときの事務所の社長がみたら、びっくりするやろね。お前、今頃“朝ドラ”出てるのか!って(笑)。

■ 烏丸せつこ「わざわざ買うたのに、もう〜!(笑)」

――ご自身の役柄についての印象や、役のここに注目してほしいという点はありますか?

小池アンリというかわいい名前の、私自身とは全然ちがうおしゃれな人です。アンリは喜美子よりかなり年上なんですけれど、喜美子からしたら「全然貫禄ないやん!」と思われるような、ちゃかちゃかしたおばちゃんって感じになっているかもしれないです。

ほとんどが戸田恵梨香さん演じる喜美子とのお芝居。喜美子とは全く違う世界の人間が飛び込んでくるわけだから、喜美子に刺激を与えるような役割なのかなと思いつつ演じています。

――収録に参加されてみて、現場の印象はいかがでしょうか?

現場では関西ことばが飛び交っているからやりやすかったんやけど、週ごとに演出スタッフが違うのでもうびっくり!ちょっと勝手が違うというか…大変やったなあ…っていうのが正直な印象です(笑)。

あと、衣装あわせのとき「スカーレット」というタイトルにあわせて、わざと緋色のセーター着てきてん。なのにプロデューサーもディレクターも、誰もツッコんでくれへんかって(笑)。わざわざ買うたのに、もう〜!(笑)

戸田さんの印象は、えらい!お芝居について相談したら「そうですね、じゃあ相談してみましょう」と言って、演出の方にも呼びかけて最善の策を考えてくれる。この作品のためにいろんなことを考えて、私たちみたいに途中から入ってくる役者のことも考えて、自分の芝居のこともして…。戸田さんは、努力する、戦う子やと思いました。

この作品に参加して得たものは、戸田恵梨香さんの根性。ちょっと感動するくらい。今後大変なときは“戸田恵梨香を思い出そう!”みたいな。すばらしい役者やと思いました。

■ 烏丸せつこ「そういうところが、逆に見どころ」

――読者の方々へのメッセージをお願いします。

正直に言うと、アンリを演じるにあたってリアリティーを求めて芝居をしてきた人間にとっては分からんこともありました。こんな芝居したことない、こんなキャラってなかなか出会わない(笑) 。

そういうところが、逆に見どころってことかもしれないですね。視聴者の皆さんがどんなふうに見てくださるのか、ドキドキしています(笑)。

■ 第20週(2月17日[月]〜2月22日[土]放送)のあらすじ

喜美子はアンリとワインを飲んで一晩語らうも、翌朝アンリから酒に酔った自分が八郎(松下洸平)の名を口にして泣いたと聞かされて驚く。

その後、照子(大島優子)と信作(林遣都)が川原家にやってきて、喜美子、アンリと共にすき焼きを食べることに。そこへ八郎も現れる。喜美子と八郎の間には微妙な空気がただようが、アンリのこれまでの人生の話にみんなひきこまれていく。

子育てを終えた自分の来し方行く末を思う喜美子は、夢中で作ってきた作品が誰かの人生を豊かにしているという、アンリの言葉が心に残る。アンリは頼んだ花瓶が完成したらパリに行くと言い、喜美子も誘われる。

一方、武志(伊藤健太郎)は、喜美子と八郎が食事をしたことに子どものように喜び、八郎と陶芸のことなど思う存分話をする。武志に気を遣わせていたことが申し訳ないと思う喜美子。

そんな折、昔辞めさせた二人の弟子が思いがけず訪ねてきて、盗みに入ったことをわびるとともに、喜美子に穴窯について質問する。

再び、川原家を訪れた八郎は、喜美子と今後はさっぱりとした新しい関係を築こうと話し合う。壊して前に進みたいという八郎は、かつて新人賞を取った赤い皿を手に取る。(ザテレビジョン)