2月15日(土)に放送されるドラマ「鈍色の箱の中で」(毎週土曜夜3:00-3:30、テレビ朝日ほか)第2話の先行カットが公開された。

本作は、LINEマンガで月間読者数ランキングNo.1を獲得した話題作をドラマ化。桜井美羽(久保田)ら同じマンションに住む幼なじみの5人の高校生の複雑な感情が交錯する、切なくも危険な偏愛ラブストーリー。また、「360°ドラマ」と銘打ち、テレビ以外にも多方面に展開する。

美羽(久保田紗友)の気持ちに全く気が付かない基秋(萩原利久)は、悟(望月歩)からの忠告を受けて美羽に交際を申し込むことに。美羽の返事はもちろんOK。2人は学校帰りに、寒空の下で肉まんをほおばったり、プリクラを撮影したり、マンションの中庭でキスを交わしたりと楽しそうな日々を送るのだが、そんな日々は長くは続かず…!?

マンションの屋上で流星群を観るシーンではあおい(岡本夏美)と悟が寝ころび逆さキスをする場面や、利津(神尾楓珠)が突然基秋の胸ぐらをつかんだかと思いきや強く唇を押し付けて強引にキスを交わす意味深シーンも登場。

30分間に計7回のキスシーンが描かれるエモキュンシーン大渋滞の第2話に注目が集まる。

■ 第2話撮影レポート                       

第2話は外でのシーンやナイター撮影が多く、寒さとの闘いに。中でもマンションの屋上で流星群を観るシーンのナイター撮影の日は冷え込みが厳しく、震えながら撮影に臨んでキャスト陣。

スタッフが作った豚汁の炊き出しが好評で、寒さに耐えかねた萩原と神尾はキスシーン前に我慢できずに豚汁を食べてしまう事態に。

美羽と基秋のプリクラデートシーンは実際に渋谷の最新のプリクラ機を借りての撮影。カワイイ系のポーズを決める久保田と萩原だったが、慣れないプリクラに大苦戦。

■ 第4話に内藤秀一郎がチャラい大学生役で登場!

第4話に、内藤秀一郎の出演が決定。ある出来事を目の当たりにし、放心状態の美羽に声をかける大学生を演じる。今回の出演にあたって、「原作を読んだことがあったので、作品に携われることになって嬉しかった」とコメント。

チャラい大学生役を演じるために大学生の友達に取材したり大学生のSNSを調べたりと、役作りに努めたそう。

■ 第2話あらすじ

美羽(久保田紗友)の求めに応じる形で、毎日のようにキスを重ねている基秋(萩原利久)だったが、美羽が本気で自分を好きなことにさえ気づいていなかった。そのいびつな状況をみかねた悟(望月歩)に促された基秋は、けじめをつけるため美羽に交際を申し込み、2人は正式に付き合い始めることに。デートを重ね、幸せな時間を過ごす2人だったが、“鈍色の箱の呪い”が解けたわけではなかった。

美羽と基秋の噂話をするあおい(岡本夏美)と悟の前に現れた利津(神尾楓珠)は突然、思わぬ行動に。動揺を隠せないあおいと悟に、「せいぜい仲良しごっこを楽しめば」と不敵な言葉を残す利津。さらに、ある策略を胸に秘めた利津は、基秋にアヤメの花を渡す…。

そんな中、利津との関係を修復しようと考えた悟が、「5人で流星群を見よう!」と提案。一人幼馴染との距離を取っている利津は、4人が待つ屋上に現れるのか? 一方の美羽は、基秋との“キスのその先”を意識し始めていて…!?(ザテレビジョン)