2月13日放送の「アウト×デラックス」(フジテレビ系)に、藤田朋子がゲスト出演。ゴミの捨て方に対するアウトな執着ぶりを明かしたところ、マツコデラックスや矢部浩之(ナインティナイン)のみならず、SNS上でも多くの共感を得ることとなった。

ゴミをなるべく小さくまとめてゴミ袋に入れたいという藤田に、マツコや家庭でゴミ係になったという矢部までもが「(ゴミ袋の)隙間をなくしてゴミを出したい」「これ、半分に切って入れたらええのにな…って思い始めたときから、自分で気付いたら破っててん」と番組冒頭から賛同。

「もう私たち、お仲間じゃない!」と小躍りする藤田だったが、1週間分のプラゴミがコンビニやスーパーなどでもらうレジ袋1袋分にまで整頓されるというから驚きだ。

藤田のゴミ出しへのこだわりは“なるべく平らにする”と、いたってシンプル。しかし、立体のゴミは解体して折りたたむか踏んで平面にして重ねる、仕切りのあるプラトレーはハサミで切り離した上で重ねられるものは重ねていく、潰せない大きな箱や容器は中にもゴミを詰める、はては、カップ状容器の丸められた端部分も手で広げて平らに直す徹底ぶり。

「(かさばるゴミが)小さくなるときの幸せ!」「たぶん性格もあるんだろうね、A型だから。たぶん、細かいことが好きだから」という藤田に、「一緒〜!」と思わず声を上げるマツコ。「別にあなた、エコだけのためにやっているわけじゃないもんね」「スッキリしていいのよね」「そう、楽しいんですよね!」「空気がなくなるのが気持ち良いのよ、ゴミ袋の!」と意気投合したものの、サークル立ち上げや月1オフ会といった藤田の提案は、即座に拒否してスタジオを沸かせた。

SNS上では、「やるやる、重ねる、詰めるw」「細かく切るまではやらないけど、分かる!」「資源になるんだから、こういうの大事だよね」と、共感や賛同の声が続々。

藤田のTwitterやブログには多数のコメントが寄せられ、プラゴミを小さくするだけという藤田のInstagramにいたっては、番組収録時には23人しかいなかったフォロワーが一夜にして1000人を超えるほどの注目を集め、藤田は思わずブログで「せんにんごえ なんか…すみません」とコメントしている。

次回の「アウト×デラックス」は2月20日(木)夜11:00より放送。(ザテレビジョン)