タレントでモデルのゆきぽよが2月13日、自身のオフィシャルInstagramを更新。「人生の相棒」との思い出や感謝の気持ちを明かし、反響を呼んでいる。

この日、14年間生活を共にした愛犬「ジュニちゃん」が亡くなったことを明かし、「世界一愛してるよ。世界一可愛いよ。世界一感謝してるよ。」と思いを長文でつづったゆきぽよ。

週刊現代の特集「人生の相棒」で、愛犬2匹の取材を受けた2週間後に息を引き取ったという。

コメントとともに公開された写真には、元気な「ジュニちゃん」の姿が写っており、ゆきぽよの溺愛ぶりがうかがえる。

この投稿を見たファンからは、「ジュニちゃんはきっと幸せだったと思う!」「ジュニちゃんに対する愛が伝わって感動しました」「元気出してください!」「泣いた」などのコメントが寄せられている。

■ Instagramコメント全部

週刊現代さんの『人生の相棒』でジュニちゃんとティアラの取材をして頂きました。

取材が終わって2週間後ジュニちゃんは天国へ天使になって旅立ちました。大きな病気もせずに老衰で14年間も生きてくれました。

14年間どんなときも ゆきの味方で居てくれて ゆきが怒ってても 笑って尻尾振って 胸に飛び込んできて 人懐っこくて大人しくて良い子で ジュニちゃんの仕草や癖 全てが愛おしいよ。

おじいちゃんになってから 昔みたいに走ることが少なくなって 寝ることが多くなってもゆき達木村家に毎日いろいろな形で癒し、愛を与えてくれたね。

14年間大きな病気もせず 沢山の傍に居てくれてありがとう。生まれ変わっても一緒になろうね。ゆきがお空へ行くまで虹の橋でお友達と楽しく遊んでてね。

世界一愛してるよ。世界一可愛いよ。世界一感謝してるよ。

ジュニちゃんと過ごした日々 ずーーーっと忘れないよ。

ゆき達家族が元気に戻るまで 時間かかっちゃうかもしれないけど ジュニちゃんとの楽しかった 愛おしい日々を思い出して 頑張るからね。

14年間ありがとう。ゆっくり休んでね。心から愛してるよ。

神様、ジュニちゃんを木村家に連れてきてくれてありがとうございます。

ジュニちゃんを神様へお返しします。

またいつか会わせて下さい。(ザテレビジョン)