個性派演劇集団“劇団番町ボーイズ☆”(通称:番ボ☆)の第13回本公演「俺の白飯を超えてゆけ!2020」と、その連動企画となるTWiN PARADOXの誕生日記念公演「SONG STORY Vol.1」のビジュアルが解禁となった。

■ 劇団番町ボーイズ☆本公演としてリメーク

「俺の白飯を超えてゆけ!2020」は、番ボ☆本公演として2018年8月に上演され好評を博した「さらば、ゴールドマウンテン」に続く、【劇団番町ボーイズ☆×ヨーロッパ企画 大歳倫弘氏】による演目。

大歳が脚本・演出を手掛けるプロデュースユニット“イエティ”名義で上演された「俺の白飯を超えてゆけ!」を、番ボ☆本公演としてリメークする。

出演は、番ボ☆から堂本翔平、千綿勇平、砂原健佑、西原健太、坪倉康晴、宮内伊織、そして北海道を拠点に活動するNORDの舟木健を加えた7人。ほか、番ボ☆の菊池修司が映像出演する。

本作では、「【A】【B】2パターンのシャッフル役替わり公演」を実施。主要キャストとなる堂本、千綿、砂原、西原が【A】【B】2パターン、それぞれ別の配役をこなす役替わりが見どころの1つとなっている。

■ TWiN PARADOXの楽曲をテーマにしたストーリーが展開

「SONG STORY Vol.1」は、二葉勇と二葉要による双子ツインボーカル“TWiN PARADOX”による、4月8日の誕生日を記念した自主企画舞台。

作家・川尻恵太、わらふぢなるお・ふぢわら、俳優・佐藤宙輝という異色の脚本家たちと、総合演出にニシオカ・ト・ニールを迎え、TWiN PARADOXの楽曲をテーマにしたオムニバス・ストーリーを日替わりで上演していく。

また、客演として番ボ☆の矢代卓也を交え、ベテラン俳優や芸人と共に、完全オリジナルの舞台を展開。二人の誕生日を記念した公演として、公演ごとに超豪華ゲストとトークを繰り広げる。

「俺の白飯を超えてゆけ!2020」と「SONG STORY Vol.1」の連動企画として、各公演期間中に5回観劇すると限定ポストカード、10回観劇するとTWiN PARADOX×劇団番町ボーイズ☆のアフタートークイベントに招待される。

「SONG STORY Vol.1」は4月24日(金)〜29日(水)、「俺の白飯を超えてゆけ!2020」は5月2日(土)〜6日(水)、それぞれ中目黒キンケロ・シアター(東京)で上演。(ザテレビジョン)