現地時間2月13日(日本時間2月14日)、アメリカ・ロサンゼルスのハリウッドにて、映画「野性の呼び声」(2月28日[金]公開)で主演を務めるハリソン・フォードをはじめ、豪華なキャスト・スタッフ陣が一堂に会したワールドプレミアイベントが開催された。

本作は、たった独りで孤独な旅を続ける男・ソーントン(ハリソン)と、数奇な運命で犬ぞりの先導犬となった名犬バックとの出会いと絆を描く感動の物語。

会場には長いレッドカーペットが敷かれ、なんと劇中のバックのモデルにもなった犬・バックリーも登場。

華々しい舞台にふさわしい蝶ネクタイ姿で登場したバックリーに、レッドカーペット上のゲストたちも温かい眼差しを向けた。

「スター・ウォーズ」シリーズや、「インディ・ジョーンズ」シリーズなど、数多くの大ヒット作に出演し続けているハリソンが登壇するプレミアイベントとあって、世界中のマスコミと多くのファンが集結し、本作の注目度の高さが伺えた。

ハリソンをはじめ、フランス出身の俳優で「最強のふたり」(2011年)で日本でも大ブレイクを果たしたオマール・シー、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのカレン・ギラン、そして「美女と野獣」や「アラジン」、「リロ&スティッチ」や「ヒックとドラゴン」など、数々の名作アニメーションを世に送り出し、本作が初の実写作品となった監督のクリス・サンダースらがレッドカーペットに現れると、マスコミからは一斉にフラッシュがたかれ、大きな歓声に包まれた。

ハリソンは、集まったファン一人一人に丁寧にサインをし、快く写真撮影に応じた。

■ ハリソン「とても喜ばしく思っている」

会場の熱狂ぶりを目の当たりにしたハリソンは、「私は今とても充実しているんだ。この物語を語ることができ、そして観客にこの映画の素晴らしさを伝えることができて、私は大きな喜びを感じてるよ」と無事にプレミアを迎えられたことに喜びを表しながら、「私が演じたソーントンとバックは、お互いの人生に“価値”をもたらすんだ。犬と暮らしたことのある人ならば分かると思いますが、犬がもたらしてくれる癒しはとても大きいんだ」と、本作の“言葉の壁を越えた絆”のテーマに関して語った。

さらにハリソンは、「この映画を日本の皆さんにお届けできることを、とても喜ばしく思っているよ。日本では単にペットとしてだけでなく、人が犬と特別な絆で結ばれることが多いと聞いています。だからこそ、日本の皆さんは、きっとこの映画を気に入ってくれると思うよ。」と、本作を心待ちにしている日本のファンへ向け、熱いメッセージを送った。(ザテレビジョン)