宮藤官九郎が作・演出を手掛ける大人計画の劇団公演「ウーマンリブ」シリーズ。「宮藤官九郎が何ものにもとらわれず、今やりたいことを自由に、ストレートに表現する」をテーマに始まった「ウーマンリブ」のVol.14にして5年ぶりの新作となるのは、タイトル「もうがまんできない」。2019年に大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」(NHK総合ほか)の脚本を完遂し、大人計画というホームグラウンドに戻ってきた彼が、ストレスを抱えて生きる現代人の日常を2時間ノンストップで描くシチュエーションコメディーだ。

■ 大河ドラマでは自分一人では絶対に無理な表現ができた

――「いだてん」という大仕事を終えられてからの宮藤さん作・演出の初舞台。「ウーマンリブ」のモットーは「今やりたいことを自由に、ストレートに表現する」ということだけに、ご本人的に解放感みたいなものはあったのでしょうか?

久々に大人計画のメンバーと一緒に芝居ができるとうれしさ、楽しみはありましたが、解放感という部分ではなかったですね。もちろん、大河ドラマは多くの方にご覧いただく作品だけに制約がなかったとは言えませんが、それでも自分一人では絶対に無理な表現ができたので、とてもありがたかったと思います。

――「自分一人ではできない表現」とは?

「いだてん」では、チーフ演出の井上剛さん、映画監督としても活躍されている大根仁さんなど、監督それぞれが「自分はこうしたい!」という強い思いを持ってらっしゃる方だったので、一視聴者として見ていても楽しかったですし、自分にはない発想だけど面白いなと思ったところがたくさんあったので、すごく勉強になりました。

――今回の「ウーマンリブ」では現代人のストレスをテーマにされています。「もうがまんできない」というタイトルもそうですが、そのテーマを選んだ理由は?

昔は知らない場所に行くときには、紙に印刷した地図を持って歩いてましたよね。それが今ではスマホを持つようになって便利になっているのに、逆にイライラしてしまうことも増えたなと。それを含めて、いくら世の中が便利になってもストレスはなくならないんじゃないかなと思ったんですよね。そういう皆さんも感じているであろうストレスと、それをため込んでしまったときの気分をお芝居にできないかなと思いました。

■ 佑くんが演じる役は僕の分身みたいな所があって

――キャストについても教えてください。売れないお笑いコンビを演じられる柄本佑さんと要潤さんは「ウーマンリブ」初参加になります。

(柄本)佑くんとは、いつか一緒に舞台をやりたいなと思っていました。彼自身、家系的には舞台の人ですけど(笑)、映像作品でも特殊なお芝居をされているので、僕が演出をしたら、どうなるのかなとは以前から思っていました。

要さんは、僕が脚本を書いた「流星の絆」(2018年、TBS系)と、「うぬぼれ刑事」(2010年、TBS系)に出ていただいたのですが、その前から不思議な感じのある方だなと思っていて(笑)。そう思ったきっかけは、要さんがバラエティー番組に出られているのを見て、この人は頭の中ではものすごく面白いことを考えているんじゃないかなと思ったのが最初でした。「こんなにイケメンじゃない方が生きやすかったんじゃない?」と思う人はたまにいるんですけど、要さんもその一人ですね(笑)。

あと、佑くんが演じる役は僕の分身みたいな所があって、誰にも頼まれていないのに作家として追い込まれ、時には「なんで俺ばっかり…」と被害妄想を抱いていて、今日のライブでウケなかったらコンビを解散しようと思っているんですね。逆に、要さんの役はまったくそういうことを考えていないノンストレスの人で、そこからコンビ同士のケンカが始まるんですけど、その対比を二人がどう演じてくれるのかも楽しみなところです。

――柄本さん、要さんが演じる解散寸前のお笑いコンビのほか、デリヘル譲(オーディションで選ばれた新人の中井千聖)と店長(松尾スズキ)、さらにはサプライズケーキを出しそびれてベランダで待機している間男(阿部サダヲ)と不倫妻(平岩紙)という3組がメインのシチュエーションコメディーということですが、見どころは?

僕が若いころに芝居を見ていたときは、もっと見る側に、何かを突きつけるような表現があった気がするんですよね。もちろん、僕が今年50歳になるぐらいに年を取ったからとか、そんなに多くの舞台を見ることができていないから、といった理由もあるのかもしれませんが、今は舞台上で完結しているものを見せられることが多いような感じがしていて。ならば、そうじゃないものをたまにはやってみたいと思ったもの、今回の物語の発端でした。

なので、今回は架空の街とか、架空のどうのこうのというファンタジー的な部分をなるべくなくして、日常を生きている人、自分の生活とかけ離れていない人たちの物語を描こうと思いました。それでいて、よく考えたら俺もそういうところがあるなと思ってもらえるような、ある意味で身につまされるような笑いを目指せたらいいなと思っています。(ザテレビジョン)