3月20日放送の「A-Studio」(TBS系)に田中みな実がゲスト出演、最近の恋愛観について語る場面があった。

2つ上の姉には4歳になる娘さんがおり、そのめいっ子のことを「かわいくてかわいくてしょうがない」と語る田中。

お人形遊びで使うおもちゃのドレスなどをたびたび買い与え、めいっ子も田中のことを「みーちゃん」と呼び、懐いているという。

その溺愛ぶりを聞いて、笑福亭鶴瓶が「自分が子ども産んだらどうすんねん」と尋ねると、田中は「もう母性がダダ漏れで、ホントに子どもが欲しいんです」と打ち明けた。

■ 包み込んでくれる人

自身の恋愛観・結婚観について田中は「こっちが好き好き好きって3回くらい言って、やっと『なんだよ』って振り向いてくれるくらいがちょうどいい」「毎日『アイラブユー』って言われたら逃げたくなっちゃう」と語る。

だが、最近になって「(自分が相手を)追ってばかりだと幸せになれないのかもしれない」と思うようになったという田中は、「私がこうやってピーチクパーチク言ってるのを全部『そうだね、分かったよ』って包み込んでくれる人がいいなって」と、心境の変化を報告していた。

放送終了後のSNS上には「年齢を重ねると恋愛や結婚に対する考え方も変わって当然。今の自分に似合う恋愛が見つかるといいですね」「追いかけてばかりいると疲れちゃうよね…」といったコメントが寄せられていた。次回、3月27日(金)放送の「A-Studio」は、トーク名場面集を予定。(ザテレビジョン)