桃月なしこが、4月2日(木)スタートの「GARO -VERSUS ROAD-」(毎週木曜夜10:00-10:30、TOKYO MXほか)で連続ドラマ初出演を果たす。

本作は、2005年よりテレビシリーズとして放送が開始された「牙狼<GARO>」シリーズの15周年記念作品として制作。

これまでのダークな世界観、VFX技術を駆使した映像、ダイナミックなアクションシーンなどの魅力は踏襲しつつストーリーを一新。VRゲームフィールドを舞台に全く新しいオリジナルシリーズが描かれる。

桃月が演じるのは、VRゲームを進行する案内人で、感情を持たず淡々とゲームのプレーヤーたちを先導する朱枷。

桃月に、連続ドラマ初出演の感想や作品の見どころについて語ってもらった。

■ 現場の雰囲気や共演者に刺激をもらっている

――まずは演じられる役について教えてください。

朱枷はゲームの案内人としての他のプレーヤーを導くという役どころで、人間というよりはどちらかというとAIのようなキャラなので、あまり感情を表に出さないように演じています。

ただ、一番間近でバトルの様子を見ているので、少しずつプレーヤーたちの信念や心情に触れて、朱枷自身にもだんだんと気持ちが芽生えていくんです。なので、徐々に徐々に感情ができ上がっていくということを意識して演じています。

――今作が連続ドラマ初出演。撮影現場の雰囲気はいかがですか?

男性のキャストが多いので、撮影に入る前はちょっと緊張していたんです。

でも、皆さん本当に気さくに話し掛けてくれますし、女性キャストが私と日南(響子)さんしかいないので、逆に気を使っていただいていて(笑)。すごく過ごしやすくて楽しい現場になっています。

私自身も人見知りなのですが、本当に皆さんから話し掛けていただいてうれしいです。ドラマの中でもプレーヤーのキャストさんとは離れている所から見守る立場なので、心理的にも物理的にも距離を感じることもあるのですが、カットが掛かったら声を掛けていただけるのがありがたいです。

――松大航也さんら共演者の印象を教えてください。

休憩中はみんなでゲームをするくらい和気あいあいとしているのですが、いざ撮影となるとパッとスイッチを切り替えて、格好良い役を演じられるので、俳優としてすごく尊敬します。

――皆さんの演技から刺激を受けていると。

すごく刺激になるし、勉強にもなります。逆に自分はまだまだだなと痛感してしまうこともあります。

■ リアルじゃできないことをできるのがお芝居の醍醐味

――感情がない朱枷を演じる上で、苦労や難しいと感じることが多かったのでは?

感情がないからといって声が棒読みになり過ぎるのも違いますし、感情を作り過ぎた声だとそれは朱枷ではなくなってしまうので、その絶妙なバランスの演技をするのはすごく難しかったです。撮影終盤の今でも試行錯誤しながら演じています。

あとは、演じる時にまだまだ方言とか訛りが抜けなくて、よく「イントネーションがおかしいよ」と注意されることがあります。私は訛っているという自覚がないので、どういうイントネーションが正しいのか分からなくなっちゃうんですよ。そこが本当に難しいです。

――逆に演技に対して手応えを感じた部分はありますか?

そうですね…。手応えを感じたところがあまりなくて、何回やっても自分に満足できないですし、納得がいっていないことの方が多いです。

何度もドラマの撮影ができるわけではないですし、一回一回を大事にしないといけないと思っているのですが…。毎回が反省の連続です。

――桃月さんはコスプレーヤーとしても活躍されていますが、演じる上で共通している部分はありますか?

もちろん似ている部分はあるとは思いますが、やはり顔が作れていても、そこに動き・せりふが付くとなかなか難しいですね。ちゃんとやらなきゃいけないと思いつつもできていない部分が多いので、まだまだ勉強していきたいです。

――今後演じてみたい役はありますか?

これは前から言っているのですが、学園を舞台に誰かをいじめる役とか、ホラー作品で主人公を助けてラストに死んでしまう役とかを演じてみたいんです。

リアルじゃできないことをできるのがお芝居の醍醐味だと思うので。日常では経験できない非日常の役をやれたら面白いなと思いますし、いろいろなことにチャレンジしたいなと思います。

■ 実は、発表されたときにSNSで“エゴサーチ”していたんです(笑)

――あらためて今作の見どころを教えてください。

やはりアクションシーンがすごく格好良いので、まずはアクションシーンに注目していただきたいです。

そして、今回は「牙狼<GARO>」シリーズ15周年で、ストーリーも一新されるのでこれまでもシリーズを愛してくださったファンの方はもちろん、この作品から見てくださる方にも入りやすい作品になっているので、本当にさまざまな方に愛される作品になっています。

これまで私がゲストとして演じさせていただいたのは、学生役とかかわいらしい役が多かったのですが、今回の朱枷は冷徹な役といいますか、バトルの行方をずっと見守る、立場のプレーヤーとはまた違った視点の役なので、これまでの私とはまた違った私がお見せできるのかなと思いますので、ぜひそこにも注目してほしいです。

――「牙狼<GARO>」シリーズは映像演出も凝られていて格好良いですよね。

そうなんです。でも、演じているときはもちろん映像が付いているわけではないので、実際の映像としてどうなっているのだろうとワクワクしています。

――シリーズ15周年の記念すべき作品の出演のお話をいただいたときは、プレッシャーを感じたりはしましたか?

めちゃくちゃありましたね。長年愛されている作品というのは知っていたので、その作品の出演が決まったときとか、連続ドラマへの出演はすごくうれしかったのですが、それと同時にプレッシャーがすごくて。

自分が出演することで、作品イメージと違うと思われてしまうのではないかとか、不安はずっとあります。

――それでも出演が発表されたときの周りからの反響はすごかったのではないでしょうか?

実は、発表されたときにSNSで“エゴサーチ”していたんです(笑)。

皆の反応が結構期待してくださってる方や楽しみにされている方が多い印象を受けたので、その方々の期待を裏切らないように頑張りたいです。

――今作のキーになる「VRゲーム」にちなんで、桃月さんはVRゲームやアトラクションを体験したことはありますか?

あります! お仕事で体験したのですがもう本当にリアルで。

お化け屋敷とかはあまり怖いと感じない方なんですが、「VRホラー」を体験したときに初めて怖いって思ったんです。

本当に閉鎖された空間に自分がいるような臨場感があって、めちゃくちゃ怖くて足が震えて、マジで泣いちゃって…もう一回やれと言われても絶対やらないです(笑)。

――最後に放送を楽しみにされている方へ向けて、メッセージをお願いします。

私自身これまでにない役柄を演じていますし、初めての連続ドラマに出演させていただくということで、本当に頑張りましたのでいろいろな方に見ていただけたらうれしいです。

「牙狼<GARO>」シリーズの15周年記念作品、そして“新章”ということで、これまで「牙狼<GARO>」を見たことない人でも楽しめる作品です。

本作を見ていただいて少しでも面白いなと感じたら、これまでの作品も本当に面白いので見ていただいて、ファンの輪が広がっていけばいいなと思います。(ザテレビジョン)