4月11日(土)からスタートするドラマ「女ともだち」(毎週土曜夜0:00-0:30ほか、BSテレ東ほか)のポスタービジュアルと追加出演者が発表された。

同ドラマは、柴門ふみの同名漫画を原作に、時代設定を令和にアレンジ。恋愛、結婚、不倫などに揺れ動く女性の葛藤を描き、バツイチのシューズデザイナー“乾セツ”を原沙知絵、セツの親友“小野沢ちさと”を磯山さやかが。セツの不倫相手“平井保”を袴田吉彦、ちさとの夫で浮気を繰り返す“ミツル”を竹財輝之助が演じる。

そんなドラマのメインキャスト4人が勢揃いしたポスタービジュアルが完成。

“女性の純情と強がり”、二人の「女ともだち」と彼女らを惑わす男性たちの物語は、どのように展開していくのか注目だ。

■ 須賀健太らの出演決定

今回新たに、須賀健太や八十田勇一、片山萌美、凛美、鳥越壮真、渡辺真起子、おのののか、上地春奈、森田涼花らの出演が発表された。

ちさと(磯山)が働くダイニングバー「アミーゴス」の店員で、年齢の割にツッコミが鋭い謎めいた青年、杉浦亮役を須賀が。アミーゴスの店長でポルトガル料理を披露する料理人、天野登良松役を八十田が演じる。

そして、ミツル(竹財)の浮気相手27歳のチャコを片山、セツ(原)に接近する中学生を凛美、ちさととミツルのひとり息子を鳥越が。

さらにアミーゴスに集い、恋愛遍歴を吐露する“女ともだち”を渡辺、おの、上地、 森田ら個性溢れる女優陣が彩る。

■ 須賀健太コメント

恥ずかしながら、原作はお話を頂くまで知らなかったのですが、当時の男女の恋愛観が垣間見える部分が逆に新鮮に感じました。 僕が演じさせていただく亮は、ミステリアスで愛や人間関係において20代とは思えない感覚の持ち主です(笑)。でも実はそこにはしっかりとした背景が…。12話かけてそこをしっかり見せていければと思っています。

毎話、年上のお姉様方に的確に正論を返す様を、楽しんでいただければと思います(笑)。

■ 八十田勇一コメント

登良松さんは、原作にはないオリジナルキャラクターです。ポルトガル料理 のダイニングバーの店長ということで、台本いただいてすぐにポルトガル料理を食べに行きました。初めて食べたんですが、いやいやめっちゃ美味い!魚介中心で、シンプルな味付けで、白ワインがすすむ、すすむ!お酒がすすめば会話もはずむ。ワイワイお喋りしてるお客さんたちを、ニコニコ見ている登良松さんの姿が想像できました。

とにかく「アミーゴス」はセツとちさと、各話の女性ゲストが言いたいことを言って帰るお店です(笑)。男にとっては肩身の狭いエピソードばかりですが、気心の知れた須賀健太くんと一緒に、「アミーゴス」のシーンを盛り上げていきたいと思います。(ザテレビジョン)