テレビ朝日・斎藤ちはるアナウンサーの初めての冠番組「斎藤ちはる『学びのココロ』〜ニッポン伝統探し旅〜」(CSテレ朝チャンネル1)が、3月29日(日)夜10時から放送。今回、斎藤アナと同様に乃木坂46 OGの伊藤かりん、能條愛未がサプライズで応援コメントを寄せた。

同番組は、昔から日本の歴史や伝統文化に興味があったという斎藤アナが、「ニッポンの伝統」を探しに出掛けるバラエティー。日本にはさまざまな「古式ゆかしい伝統文化=道」があるということで、その“極意”を学んでいく。

時に体を張り、真剣に打ち込み、斎藤アナが自らの殻を限界突破して行く姿を映し出す。

そして今回、斎藤アナと約7年間苦楽を共にし、家族以上に一緒にいた時間が長かったメンバーが斎藤アナに熱烈エールを送った。

■ 伊藤&能條コメント

能條:当時私とちーちゃん(斎藤)は「楽屋番長」でしたね。ライブ前の楽屋では、美空ひばりさんを熱唱したりしてうるさかったです(笑)。

私より年下なのにしっかり者で、「ちーちゃんお母さん」と呼んでましたね。楽屋とか散らかっていると、よく怒られてました。

伊藤:卒業後も私の家でよく熱い話をしていましたね。それぞれの道で頑張りたいって。ちーちゃん今、(アナウンサーになって)輝いているんで、私たちもそれを見て、すごくうれしいなって思います。

――最近の「羽鳥慎一モーニングショー」を見ていて感想は?

能條:実は、今だから言えるんですが、現役の時は「滑舌がめちゃめちゃ悪くて」ライブのMCとか、途中ナニ言ってるのか分からなくて(笑)。

「え?ナニ」って聞き返して、笑いが起きるのが「セット」だったので、アナウンサーって聞いて大丈夫かな?って不安だったんです。

伊藤:うん!きっと「口」を全取っ換えしてるよね?(笑)

能條:今は、発声も、滑舌も全然違うし、堂々として立派な「ザ・アナウンサー」になった!

――「羽鳥慎一モーニングショー」初登場回を見ていましたか?

能條:後で聞いたら「あの時は緊張で足が震えていた」、、、言ってて。きっと要らないと思ったけど、動画(携帯電話でテレビを)を撮ってちーちゃんに送りました!

伊藤:ライブで全国を回ってきて、決して楽しいことだけじゃなかったので、そういうのも一緒に戦ってきたので、今この話をしてるだけでもうれしくて泣いちゃいそうです。

――4月から社会人2年目ですが、エールありますか?

能條:ちーちゃんは、まだ番組では見せたことがない魅力がホントいっぱいあるので、私たちが知っているもっと元気な姿、はっちゃけた姿もお届けしてほしい。

誰よりも一緒にいた7年間だったので、2時間SPなんてうれし過ぎる!友達とも違うし、家族よりも一緒にいた時間が長いので、誰よりも頑張ってほしいですね。

伊藤:今回も絶対録画して、DVDに焼いて、「永久保存版」になりますね。

■ 特番内でオンエア

その他、乃木坂46在籍中に「アナウンサーになりたい」とか聞いたことはあったか、など“親友”だからこそ知る、斎藤アナのまだ見ぬ素顔が浮き彫りになるインタビューが、2時間SP内で放送される。(ザテレビジョン)