女優の福原遥が3月21日をもって、約3年間務めた「もしもツアーズ」(毎週土曜夜6:30-7:00、フジテレビ系)の“三代目ツアーガイド”を卒業した。驚きの発表を受け止めたファンから、SNSで感謝と祝福の声が上がっている。

■ “もしツアバス”とともに番組を卒業

“家族でできる面白ツアー”をテーマに2002年10月5日に放送をスタートしたバラエティー番組「もしもツアーズ」。初代ガイドを坂下千里子が、二代目ガイドを平愛梨が務めた後、2017年4月15日放送回からは福原がバトンを引き継ぎ、およそ3年間にわたり三代目ガイドとして番組を盛り上げてきた。

3月21日放送回では「もしツア厳選!この春見たい日本の桜先取りSP」を放送。その後、福原が「実はもう一つ、どうしても見てほしいVTRがあるんです」と切り出し、VTR内で「3月いっぱいで“もしツア”を卒業することになりました」と自ら発表した。

VTR内で「ちょうど“もしツアバス”も卒業と聞いたので、最後にバスをしっかり磨いて、皆からの感謝の気持ちをちゃんと込めて、見送りたい」と提案した福原。その言葉通り、福原がこれまでの旅を振り返りながら“もしツアバス”を一生懸命に磨いて見送る模様も流された。

VTRが終わると、天野ひろゆきが「3年間、お疲れさまでした!」と大きな花束をプレゼント。

花束を受け取った福原は、出演者やスタッフ、視聴者へ向けて「“もしツア”の皆さんは本当に温かくて、優しくて愛にあふれていて、毎週“もしツア”の現場に来るのが本当に楽しかったです。あっという間の時間でした。ちょっとさみしいですが、もっともっと成長して大きくなって、また“もしツア”に戻ってこられるくらい、これからも精進して頑張りたいと思いますので、これからもよろしくお願いします。3年間、本当にありがとうございました! “もしツア”大好きです!」と万感のメッセージを寄せた。

“3年B組ウド八先生”(ウド鈴木)からは「失敗も笑いも全部ひっくるめて、あなたは一番の『もしもツアーズ』のツアーガイドに成長しました! 誇りに思います。あなたには人を幸せにする才能があふれています! 心より『もしもツアーズ』皆でこれからも応援します! よく頑張りました! ありがとうございました!」と“贈る言葉”も飛び出した。

■ 卒業発表にファンから驚きの声

この日の放送を最後に、番組を巣立った福原。放送終了後、「もしもツアーズ」番組公式Twitterでは福原のメッセージ動画を公開した。

動画の中で福原は「こんなポンコツな私を、スタッフの皆さんや共演者の方々は温かく見守ってくださって。感謝の気持ちでいっぱいです」「卒業しても『もしもツアーズ』の大ファンなので、毎週楽しみに番組を見ています。皆さん、大好きです!!」とあふれる思いを口にした。

福原の卒業発表に、視聴者からも驚きの声が続々。SNSでは「遥ちゃんもしツア卒業おめでとう!大好きです!!」「これまでたくさんの笑顔をありがとう!さみしいけど、これからも応援するよ」「3年間お疲れさまでした。癒しをありがとう!!」といった祝福と感謝のメッセージが飛び交った。

2021年10月の放送20年目に向け、新たなスタートを切ることとなった「もしもツアーズ」。四代目ガイドは後日発表される。(ザテレビジョン)