4月15日(水)にスタートするドラマ「ハケンの品格」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)より、篠原涼子、小泉孝太郎、大泉洋の3ショットと、第1話のあらすじが公開された。

本作は、スーパー派遣社員・大前春子(篠原)の活躍を描いた「ハケンの品格」(2007年、日本テレビ系)の続編。前作に引き続き小泉が里中賢介、大泉が東海林武に扮する。

今回公開された場面写真は、春子、里中、東海林の13年ぶりとなる3ショット。今回も「とっくり!」「くるくるパーマ!」とやりあう春子と東海林を、里中がなだめる関係性は健在だという。

■ 第1話あらすじ

里中は、食品商社S&Fで営業戦略課の課長に昇進するも、会社はかつての勢いを失っていた。「今、彼女が来てくれたら...」と呟く里中に、当時を知る浅野(勝地涼)は「まさかあの人呼ぶんですか」と問う。そして、“伝説のスーパーハケン”である春子を呼び出す。春子は、「私を雇って後悔はさせません。三ヶ月間お時給の分はしっかり働かせていただきます」と、13年前のようにS&Fで働くことに。

同社の旭川支社長補佐を務める東海林は、「とっくりが舞い戻ったって本当か!」と春子との再会に感激するも、彼女は無視。停泊するクルーザー上での社運をかけた商談で、通訳を任される春子だったが、交渉は決裂寸前になってしまう。

そんな中、同じくクルーザーに乗っていた里中のもとに、セクハラを告発したため人事部の社員に監禁されてしまったと派遣社員の小夏(山本舞香)から連絡が入る。

そして、春子の決断によって、里中と小夏、そして研修中の東海林の身に予測不能な事態が起こることに。(ザテレビジョン)