アイドルによる新たなライブ&トーク番組「アイドルのチカラ」(TBSチャンネル)が、3月29日(日)から放送。

なかなかライブやイベントを行えないアイドルのため、彼女たちの笑顔を見られないファンのために、「アイドルのチカラ」プロジェクトが発足。イベント中止など暗いニュースの続く世の中に、“アイドルのチカラ”で笑顔と元気を、無観客の東京・マイナビBLITZ赤坂から届ける。

全5回の放送で、AKB48チーム8、SKE48 7D2(7期生&ドラフト2期生)、=LOVE、≠ME、たこやきレインボーが、それぞれライブさながらのパフォーマンスとトークを展開。各グループの魅力あふれる1時間となる。MCはハマカーン。

■ チーム8がトップバッターで登場

初回ゲストのAKB48チーム8は、坂口渚沙(北海道代表)、岡部麟(茨城県代表)、清水麻璃亜(群馬県代表)、吉川七瀬(千葉県代表)、小栗有以(東京都代表)、小田えりな(神奈川県代表)、永野芹佳(大阪府代表)、大西桃香(奈良県代表)、下尾みう(山口県代表)、行天優莉奈(香川県代表)、川原美咲(佐賀県代表)、倉野尾成美(熊本県代表)の12人が出演。

全国ツアーが延期になった他、4月3日(金)に神奈川・横浜アリーナで開催予定だった6周年記念コンサートが中止となったチーム8。まず、「横浜アリーナでのコンサートが夢」という小田が一人で「無事に開催される日を信じて」と「365日の紙飛行機」を一人で歌い上げる。

ほか、新曲「ジタバタ」をはじめチーム8のオリジナル曲の4曲を含む全8曲をパフォーマンス。日本中に元気を届けるセットリストで、無観客を感じさせない元気いっぱいのステージを見せる。

■ 無観客の会場で爆笑企画

トークパートでは、持ち前のバラエティー力を発揮。メンバーが交代で他のメンバーを紹介する「自己アピールは誰かにおまかせ!メンバーのチカラで自己紹介!」で、他のメンバーからの“むちゃ振り”に全力で応えるなど、それぞれが笑いに変えていく。

また、「チーム8の『47都道府県のチカラ』日本縦断!浜谷、愛の探し旅!」のコーナーは「ファンに愛を届けたいけど恥ずかしい」メンバーが会場のいたるところに隠れ、浜谷健司が探し出して“愛”を受け取るという企画。“ファン代表”となった浜谷は、BLITZ内を巡り、カメラマンや照明担当などスタッフに扮(ふん)したり、なぜか布団で寝ているメンバーなどから“愛”を受け取る。

メンバーからの“萌えぜりふ”に「役得です」とにやける浜谷だったが、最後にそんな気分を吹っ飛ばす小栗の言葉に仰天する。

■ 小田えりな「アイドルは元気づけたりするのがお仕事」

収録後、岡部は「ライブ形式で披露するときは、いつもファンの方がいて、一緒に盛り上がろうという空気感になるんですが、今回は画面を通して『私たちの熱が届け!』という思いでライブをしました」と、小栗は「ファンの皆さんに画面越しでも楽しんでいただけたら、少しでも頑張る力になれていたらいいなって思います」とコメント。

小田は「アイドルはライブで歌やダンスでファンの方を勇気づけたり元気づけたりするのが一番のお仕事。一人で『365日の紙飛行機』を歌わせていただいたんですけど、歌詞の『今日という一日が笑顔でいられるようにそっとお願いした』に合わせて、同じ思いを“強く”お願いしながら心を込めて歌いました」と振り返った。

最後に、小栗が「私たちも早く皆さんの前でステージに立ちたいと思っていますし、ファンの皆さんもチーム8の曲が聴きたいとか、踊っている姿が見たいと思ってくださっていると思うので、チーム8の良さがすごく詰まった番組を作っていただけて、すごくありがたいです」と感謝。

「萌えぜりふや初共演のハマカーンさんに引き出していただいた面白さなど、これまでのチーム8にさらに新しい一面が加わった楽しい番組になっているので、ぜひご覧ください。パフォーマンスもみんなで全力で頑張ったので、見たら元気になります! パワーを受け取ってください!」とファンに呼び掛けた。(ザテレビジョン)