3月22日深夜放送の「日向坂で会いましょう」(テレビ東京)で、日向坂46・富田鈴花&渡邉美穂が、番組MCオードリー・春日俊彰の変化を暴露する場面があった。

2019年3月27日に「キュン」でシングルデビューしてから1年がたった日向坂46。今回は、この1年を振り返り、珍事件やメンバーが成長した点についてトークが繰り広げられた。

富田は、デビューから1年がたって「春日さんに優しくできるようになった」ことを自らが成長した点として挙げた。

そして富田は「春日さんがおひさま化していると聞いて、本気でイジリにいくと、ヘコんじゃうじゃないかな」とオードリー・若林正恭に伝えた。

■ デレデレ対応

この意見に賛同する渡邉美穂も「昔はメンバーがどれだけ強くぶつかりにいっても、絶対同じくらいの力で…もしくはそれ以上の力で「なんだコラ」って言い返してくれた。最近は『なんだよ…(笑)』って。吸収しちゃって…」と、デレデレ対応になってきていると説明した。

この話を聞いて、若林が「渡邉と富田も今まで通りにやってもいいのね?」と春日に再確認すると、「ガンガンきてほしいよ、なんたって“公式変態”なんですから」と、どんなイジりでも受け入れる姿勢を見せた。

これに対して渡邉が「いや違います、“公式ド変態”です」と、すかさずイジりで返すと、春日は「へへへ」とうれしそうににやけてしまい、若林から「笑ってんじゃねぇかよ」とツッコまれていた。

ネット上では「公式ド変態 喜んでますね〜」「笑顔であんな言われ方したらニコニコする」「俺も言われたい」「これでこそ日向坂が平和」「繊細で傷つきやすい公式ド変態」など、ファンを中心に大きな盛り上がりを見せていた。

次回の「日向坂で会いましょう」は、3月29日(日)深夜放送。「祝デビュー1周年 あんなことやこんなことあったでしょう」の後半戦をオンエア予定。(ザテレビジョン)