ダンス&ボーカルグループ・大阪☆春夏秋冬が、約2年ぶりとなるフルアルバム『BRAVE SOULS』を5月13日(水)にリリースすることを発表し、新ビジュアルとアルバムのジャケット写真を公開。そして、リード曲「Brave Soul」を新衣装で初披露した。

■ 6人の音楽魂が詰まったフルアルバム

アルバムには新曲8曲に加え、インディーズ時代からの代表曲「Let you fly」と「BABY CRAZY」の再レコーディング2曲を加えた全10曲を収録。

サウンドプロデュースは、2019年7月リリースのミニアルバム『ガチ上がるハイテンションまで夢じゃないこの現実』に引き続き、FULLSCRATCH、the HIATUS、RADIOTSのギタリストで、LUNA SEAのJのサポートも行っているmasasucksが担当している。

リリースに先駆けて、4月11日(土)に先行配信予定の「Brave Soul」は、インディーズバンド・Mrs.WiENERのすあまが作曲した、邦楽ロックのテイストにPUNKやSKAのエッセンスを取り入れた楽曲。

歌詞は、大阪☆春夏秋冬・RUNAの親友で、世界を舞台に活躍するプロスケートボーダー・中村貴咲に向けた、高校時代から今までの思い出と未来へのメッセージを元に制作された。

“カタヤブリな浪花のロックンガール”として、日本全国で精力的に活動している“しゅかしゅん”こと大阪☆春夏秋冬。今回のフルアルバムは、ライブを通して泥臭く勇猛果敢に戦っていく、6人の音楽魂が詰まった作品となっている。

また、新ビジュアルとアルバムのジャケット写真は、メンバーの変顔や謎のポーズ、白い鹿のコスプレ(?)、そして彼女たちの地元・大阪の名物である大阪城やくいだおれ太郎、づぼらやのふぐ、通天閣、たこ焼きなどがてんこ盛り。“大阪・イズ・バーニング”状態の、遊び心満載のアートワークとなっている。

■ 新衣装でアルバムリード曲「Brave Soul」を初披露

さらに、大阪☆春夏秋冬は3月21日、兵庫・神戸の流通科学大学で行われたイベント「りゅうか夢の種まつりオンラインライブ&オンラインオープンキャンパス」に出演。新衣装で「Brave Soul」を初披露した。

メンバーは3月18日の早朝から19日の夜までの丸2日間、静岡から大阪にある日本一の高層ビル“あべのハルカス”までの約266kmをメンバー6人が自転車で激走し、最後に“日本のてっぺん”あべのハルカスの屋上・ヘリポートで「Brave Soul」をダンスするという“ガチ”チャレンジ・ミュージックビデオ撮影が行われたばかり。

2日間、自転車で走り続けた2日後に、生配信で新曲初披露を行った彼女たちは、まさに“カタヤブリ”の一言。

「Brave Soul」について、リードボーカルのMAINAは「魂を奮わせて、夢に向かっていくという曲なので、私たちから皆さんに勇気を届けられたらいいなと思います」と語る。

イベント当日も、機材トラブルやハプニングをものともしない圧巻のパフォーマンスを見せた大阪☆春夏秋冬。

「トラブルもあったけど、物おじせず迫力のあるパフォーマンスで感動しました! ヘッドバンキングまでできて、楽しくて、さらにしゅかしゅんが好きになったLIVEでした!」(MC:杉枝真結)、「史上まれに見る、リハーサルなしのイベントでした。トラブルをも楽しんで乗り切ったしゅかしゅんの姿には、たくましさを感じた!」(スタッフ)と、共演者やスタッフからも称賛の声が飛んでいた。(ザテレビジョン)