大泉洋が主演を務める映画「騙し絵の牙」(6月19日[金]公開)の第2弾ポスタービジュアルが解禁となった。

「騙し絵の牙」は、ミステリー小説「罪の声」著者・塩田武士による、斜陽の出版業界で繰り広げられる仁義なきだまし合いを描いたベストセラー小説。大泉を主人公に当て書き(大泉を主人公にイメージして執筆)して表紙モデルにも起用し、2018年本屋大賞にランクインするなど注目を集めた。

その「騙し絵の牙」を、大泉と日本アカデミー賞監督・吉田大八のタッグで映画化。先日は本予告編が解禁され、SNSでは「ますます楽しみになってきた」「めっちゃ期待するんだけど…」「カッコよさげじゃないかい」など、期待の声が続々と上がっている。

そして、今回の第2弾ポスタービジュアルには大泉演じる速水ら、オールスターキャストが集結。全体に破かれたような加工が施されており、“破られた”下からは不敵な笑みを浮かべた速水の顔が浮き彫りになっている。

速水の周りには、松岡茉優、佐藤浩市、宮沢氷魚、池田エライザ、中村倫也、佐野史郎、木村佳乃、斎藤工、塚本晋也、リリー・フランキー、小林聡美、國村隼といった豪華キャスト陣の姿も。

不敵な笑みを浮かべる速水とは裏腹に、“騙し合いバトル”を繰り広げる超豪華キャストたちの表情は真剣そのもの。

また、「騙し合いバトル、開幕! ウソを見破り、ウラを暴け。」のキャッチコピーからは、口八丁手八丁であらゆるクセモノたちを翻弄(ほんろう)し、自身も翻弄されていく速水だけでなく、誰もがだましだまされる、まさにクセモノだらけの“だまし合いバトル”を連想させる。

クセモノだらけの崖っぷち出版社を舞台に繰り広げられる、仁義なき“だまし合いバトル”。廃刊の危機に瀕した雑誌編集長・速水の仕掛ける大逆転の奇策とは?

映画本編への期待が、さらに高まるビジュアルとなっている。

■ 映画「騙し絵の牙」ストーリー

最後に笑うのは誰だ? 全員クセモノ! 仁義なきだまし合いバトル、ついに開幕!

大手出版社「薫風社」に激震が走る。かねてからの出版不況に加えて創業一族の社長が急逝、次期社長を巡って権力争いが勃発。専務・東松(佐藤浩市)が進める大改革で、雑誌は次々と廃刊のピンチに。

カルチャー誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉洋)も、無理難題を押し付けられて窮地に立たされる…が、この一見頼りない男、実は笑顔の裏にとんでもない“牙”を秘めていた。

嘘、裏切り、リーク、告発。クセモノぞろいの上層部、作家、同僚たちの陰謀が渦巻く中、新人編集者・高野(松岡茉優)を巻き込んだ速水の、生き残りを懸けた“大逆転”の奇策とは。(ザテレビジョン)