3月24日(火)放送の「家事ヤロウ!!! 3時間SP」(夜7:00-9:48、テレビ朝日系)に菜々緒がスペシャルゲストとして出演する。

同番組は、これまで家事に向き合う機会が少なかった家事初心者のバカリズム、中丸雄一、カズレーザーの3人が「脱・ワンオペ家事」を掲げ、家事を完璧にこなせる“好感度夫”を目指すドキュメント家事バラエティー。今さら聞けない家事の基礎中の基礎から、メディアで取り上げられている最新家事まで、家事を一から学んでいく。

今回のスペシャルでは、「芸能人の自宅にカメラを設置 リアル家事24時」「王道朝ごはんをカンタンに美味しく作ってみよう!」「超隠れ家レストラン グランメゾンキング」という企画3本立てを公開。

菜々緒が登場するのは、「超隠れ家レストラン グランメゾンキング」のコーナー。このコーナーでは、芸人としての仕事がほとんどないため、アルバイトを頑張りすぎて料理の腕前が異常なほど上達してしまった悲しき若手芸人が、最高の料理で人気芸能人をもてなす企画。

シェフを務めるのは、2020年1月、当番組で開催した「バイトしすぎ芸人No.1決定戦 BS-1グランプリ」で見事、優勝したお笑いトリオ・ポンポコ団のツッコミ担当のキング。

今回も、舞台となるのは東京・中野の路地裏のアパートの一室。普段は、ポンポコ団3人がシェアして暮らす部屋だが、この日ばかりは隠れ家レストランに大変身する。

■ 菜々緒「こんなところに名店があったなんて…!」

「お料理を食べに行く企画とだけ、ざっくり聞いてきた」という菜々緒は、衝撃のシチュエーションに驚いた表情を浮かべる。

そんな菜々緒のためにキングがふるまうのは、創作和食フルコース、計5品。最初にサーブされたのは、ウェルカムドリンクならぬ“ウェルカムだし”。

和風だしのもとをといただしに“あるモノ“を煮だしてグレードアップさせたという一品に、菜々緒は「おいしい! 本当にスゴイ!!」と、早くもキングの料理センスに心酔する。

その後、“前菜2種”、メインの“新食感の牛カツ”へと進むにつれ、菜々緒は「お店で食べるよりおいしい! 感動レベル!!」と最高級の賛辞を送る。

「お肉は火入れで決まりますから」と言い切るキングに、「…格好いい!!」と瞳を潤ませ、もはや完全に胃袋をつかまれてしまった菜々緒。

卵かけごはんをアレンジしたシメの一品や、100円アイスを上品に昇華させたデザートにも拍手喝采。「こんなところに名店があったなんて…!」と菜々緒をうならせた。

■ “ラスボス”平野レミもロケ参戦!

さらに、今回のスペシャルではいつものレギュラー放送と同様、MC3人がハンドブック片手に家事をゆる〜く学ぶ企画も展開。そのテーマは、「王道の朝ごはん」。

料理研究家・平野レミをしゅうとめに持つ、食育インストラクター・和田明日香の自宅を訪問。番組では深夜時代から彼女にさまざまなレシピ開発を依頼してきたが、これまで“VTR越し”でしか会ったことのなかった“憧れのマドンナ”和田と初対面を果たし、バカリズムは「本物だ! 本物だ!」と芸能人らしくないリアクションで興奮する一幕も。 

その後、焼き鮭、豚汁、卵焼き、そしてトーストにベーコンエッグなど、和&洋それぞれの定番朝食メニューを簡単に作る方法を和田に教えてもらうが、3人は段取りなどおかまいなしに試食をむさぼり食い、「次に行かないんですか?」「全然、進まないじゃん!」と和田をイラっとさせ、普段のグダグダとした空気感で収録を進行していく。

ところが途中、なんと“ラスボス”平野レミがロケに乱入。3人と和田のペースを思いっきり乱す、大ハプニングが発生。 

ほかの番組では決して見ることのできない、MC3人と和田、平野のかみ合わないトークや、今さら誰にも聞けない、朝食の王道メニューが簡単&おいしく作れるレシピを公開する。 (ザテレビジョン)