マウスコンピューターの新WEB CM「オー!マウス」シリーズが、3月25日(水)より公式サイト等にて公開。本動画内で、Mattがブラックコメディードラマ「オー!マイキー」とコラボレーションすることが明らかになった。

「オー!マイキー」は、2000年にテレビ東京系で放送されていたバラエティー番組「バミリオン・プレジャー・ナイト」内のミニコーナー「フーコン・ファミリー」が独立して生まれたブラックコメディードラマ。

アメリカから日本に越してきたマイキーら“マネキン家族”のフーコン・ファミリーと、個性豊かな仲間たちによるシュールな(時に狂気をはらんだ)展開が熱狂的な支持を集め、今年で20周年を迎える人気シリーズだ。

今回のコラボは、Mattと「オー!マイキー」制作チームが互いに「実はずっと気になっていたんです!」という相思相愛ぶりで実現したもの。

CMでマイキーの兄として登場したMattは、フーコン・ファミリーに“Made in Japan”、“Just for You”、“Full Support”といったマウスコンピューターの強みを、自らもマネキンになりきって説明していく。

■ 異様な現場にもすぐさま溶け込む!? Mattのマネキンぶりを一同絶賛!

撮影当日、Mattはマウスのシンボルカラーである黄色がさし色となったシャツが特長のスーツ姿で現場入り。今回の出演者は、Mattの他にマイキー、パパ、ママのマネキンのみとなるため、動くものが自分だけという異様な現場。

さすがのMattも当初は「なんか怖くなってきちゃった(笑)」と、マイキーらが醸し出す独特の世界観にたじたじの様子だったが、撮影した映像をモニターで確認すると「(実際の)パパと並ぶよりファミリー感ある!」と、自身が入り込んだ「オー!マウス」の世界を大絶賛。

現場で指揮をとっていた「オー!マイキー」総合監修・石橋義正監督も、思わず「あれ、前に出演してたっけ?(笑) すごく自然!」と絶賛。Mattがマイキーたちと並んだ全く違和感のない光景には、スタッフからも「おー!」と歓声が上がっていた。

Matt自身も「父の横にいるより、マネキンの隣にいた方マッチしているのかなって感じました」とインタビューで語ったように、ファミリーに完璧に溶け込んだ奇跡のコラボとなった今回のWEB CM。想像以上(?)のマネキンぶりを見せたMattの「微動だにしない熱演」は必見だ。

■ Mattインタビュー「静止画ではなく、動画で撮っているというところを見てほしい」

――ネットで待望の「オー!マイキー」とのコラボレーションが実現しましたが、終えてみていかがでしたか?

Matt:マネキンとの撮影は初めてで。よくドッキリの企画ではあったのですが、実際に撮るのは初めてだったのですごく新鮮でした(笑)。化粧した状態だと、父の横にいるよりマネキンの隣にいた方がマッチしているのかなって、鏡越しに思いました。

――「オー!マイキー」について、もともとどんな印象をお持ちでしたか?

Matt:実はちゃんと映像を見たことがなかったのですが、ネットではよく「似てる」と言われていたので「オー!マイキー」の存在は知っていました。画像でしか見たことはなかったのですが、確かに「マネキンに似ているなぁ」という感覚でした。

すごい詳しくはなのですが、「いつか共演するんだろうなぁ」とは思っていました(笑)。なので、こういう機会をいただけてよかったし、コラボが出来てとても新鮮な気持ちでした。

――特に印象に残っているシーンや、注目してほしいシーンはありますか?

Matt:個人的には、静止画でよかったと思うんですけれども…。動画の撮影にこだわっていて、静止画のように何秒か止まるという作業が、撮影する側も映る側も大変だったんです。これは静止画ではなく、動画で撮っているというところを見てほしいと思います。

――普段はご自身でパソコンをどのように使っていますか?

Matt:普段は写真などを加工をするときに使っています。インスタの加工は携帯でやってるんですけど、雑誌の場合は、パソコンで編集しています。

■ Matt&総合監修・石橋義正インタビュー「実は僕の兄が本当にマイキーという名前なんです」

――今回はMattさんとマイキーたちがコラボしての撮影でしたが、撮影を終えていかがでしたか?

石橋:(Mattさんが入り込んだ)画がすごい美しいと言いますか、いつもはマネキンを撮る時、マネキンのシズル感とういものがあるのです。Mattさんがそれにすごく溶け込んでいて、ビックリしました。

――今回のコラボをきっかけに、Mattさんに公式に「マイキーの兄さん」になって欲しいというお願いがあるとお聞きしましたが?

石橋:公式の依頼ですね!(笑)

Matt:公式…(笑)。

石橋:今回のコラボで正式にマイキーのお兄さんになってもらえますか?

Matt:ぜひ!よろしくお願いいたします!(笑) 実は僕の兄が本当にマイキーという名前で。今日は逆転して、僕が兄で弟がマイキーでまた面白いなと(笑)。

現場で「マイキー」と飛び交っていたので、お兄ちゃんがずっと呼ばれているような感覚で面白かったです。ぜひよろしくお願いいたします。

――Mattさんはマイキーにとってどんな「お兄さん」になりたいですか?

Matt:そうですね。マイキーはずっと笑っているの顔なので(笑)。僕も笑顔を絶やさずに、そしてこのメイクを続けて、マネキンぽくといいますか(笑)。会いたいと思わせるような存在でありたいなと思います。マイキーこれからもよろしくね!

――今回のWEB CMをご覧になる皆さまにメッセージをお願いいたします。

Matt:こちらのCMは静止画ではなく、動画でちゃんと撮っているので、そこも注目してみてください! ぜひ、楽しんでみてくだい。

■ マイキーインタビュー「美容以外に何の話をしたらいいか…」

――初のMattお兄さんとのコラボはいかがでしたか?

マイキー:僕にお兄さんがいるなんて、知らなかったから驚いたよ! 近くで見ると本当にマネキンみたいな顔をしてるんだ!

――今回の撮影で印象に残っている、注目してほしいシーンはありますか?

マイキー:「強引な誘惑」篇のMattお兄さんとトレイシー先生の絡みかな。Mattお兄さんが先生を「あぁ〜ん!」って発情させちゃうんだ!

――今回のコラボをきっかけに、Mattお兄さんが「公式お兄ちゃん」になりましたがいかがですか?

マイキー:とてもうれしいけど、まだ受け止めきれないよ。17歳差だからね。美容以外に何の話をしたらいいかわからなくて。

――マイキーさんにとって、どのようなお兄さんであってほしいですか?

マイキー:定期的にコラボしてPRしてくれる優しいお兄さんでいて欲しいな!

――あらためてMattお兄さんにメッセージをお願いします。

マイキー:お忙しいところ本当にありがとうございました! また近いうちにぜひよろしくお願いします!(ザテレビジョン)