4月12日(日)にスタートする、中村倫也主演ドラマ「美食探偵 明智五郎」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)に仲里依紗が出演することが分かった。仲は、小池栄子演じる殺人鬼“マグダラのマリア”に背中を押され殺人に手を染める主婦・桐谷みどりを演じる。

本作は「東京タラレバ娘」「偽装不倫」を手掛けた東村アキコによる初のサスペンス漫画「美食探偵―明智五郎―」をドラマ化した作品。

三度の食に命を懸ける美食家であり、「江戸川探偵事務所」で探偵業を営む明智五郎が、相棒の苺(小芝風花)とともに“食”を通してさまざまな殺人事件を解決する。

仲が演じる主婦・みどり(ハンドルネーム:れいぞう子)は、結婚当初は愛する夫のために心を込めて料理を作ろうと意気込む心優しい妻だったが、当の夫が母親の料理ばかりを好み、いつしか冷蔵庫は姑から送られてきた料理でいっぱいになってしまう。そんな夫に耐えられず、殺人に手を染めてしまうことに…。

みどりは、ネットでマグダラのマリア(小池)と出会い、マリアが助っ人として送ったシェフの伊藤(武田真治)とともに、夫の“解体”を試みる。

役柄について仲は「久しぶりに地味な役をいただいたかなと思ったら、すごいことをやってしまう人でした」と話し、「幸せだった夫婦が一転します。その裏に何があったのか、ぜひ観ていただきたい」とアピールした。みどりが殺人に手を染める様子は、第4話で描かれる予定だ。(ザテレビジョン)