宮沢りえが主演を務める、トルストイの長編大作「アンナ・カレーニナ」が8月7日(金)〜9月3日(木)に東京・Bunkamuraシアターコクーン、9月10日(木)〜13日(日)に京都劇場で上演されることが決まった。

「アンナ・カレーニナ」は、レフ・ニコラエヴィチ・トルストイが1800年代後半に書き上げた長編小説で、激動する19世紀後半のロシア貴族社会の人間模様を描いた作品。

世界中から称賛され「芸術上の完璧であって、現代、ヨーロッパの文学中、なに1つこれに比肩することのできないような作品」と言わしめたロシア文学の金字塔。

この名作を、イギリスの気鋭の演出家フィリップ・ブリーンが新解釈で戯曲化して、演出することに。

アンナ、ヴロンスキー、カレーニンの三角関係を中心に描かれることが多い本作だが、今回のフィリップ版では、破滅に向かうアンナの「愛」と、未来への希望を感じさせるリョーヴィンとキティの「純愛」とを対照的に描いていく。

そして、主演の宮沢はタイトルロールとなるアンナ・カレーニナ役。フィリップとの初タッグで、社交界の華であったが“初めての恋”に燃え上がり、破滅の道へと突き進んでいくアンナを生々しく演じる。

恋には不器用ながらも真実の愛を手に入れるコンスタンチン・リョーヴィン役は宮沢氷魚、アンナと道ならぬ恋に堕ちる、自信に満ちあふれる若き美青年将校アレクセイ・ヴロンスキー役は白洲迅が担当。

リョーヴィンの求婚に応えるドリーの妹カテリーナ・シチェルバツカヤ(キティ)役は川島海荷、オブロンスキーの妻で、夫の浮気癖に悩まされるも家族を愛するダリヤ・オブロンスカヤ(ドリー)役は大空ゆうひ、アンナの兄で顔が広く誰からも愛されるステパン・オブロンスキー役は吹越満が務める。

さらに、アンナの夫でペテルブルグの著名な政府高官、アンナを愛しているがそれを表現する術を持たないアレクセイ・カレーニン役には段田安則と、若手からベテランまで豪華キャストが結集した。

■ 舞台「アンナ・カレーニナ」ストーリー

19世紀ロシア。美しく魅惑的な社交界の華アンナ・カレーニナは、著名な政府高官の夫カレーニンと1人息子と共にサンクトペテルブルクに暮らしていた。

ある日、モスクワを訪れたアンナは、若き青年将校ヴロンスキー伯爵と出会う。一目で引かれ合う2人。熱烈なヴロンスキーからのアプローチを拒絶し続けるアンナだったが、自分の心を偽ることができず、ついにヴロンスキーと恋に堕ちる。

カレーニンは妻アンナの気持ちと行動を知りつつ、体面を保つために妻に忠告するにとどめていたが、当然心中穏やかではいられない。そんな夫にアンナは、堂々と「ヴロンスキーを愛している」と告げるのだった。

若くして結婚したアンナにとって、それは“初めての恋”にほかならなかったのだ。カレーニンとの離婚が成立しないまま、アンナはヴロンスキーとの間に娘をもうけ、一緒に暮らし始める。

だが、社交界の掟を破ったアンナに周囲が注ぐ視線は、当然冷たい。ヴロンスキーとの愛に全てを捧げる覚悟を決めていたアンナだったが、次第に精神的にも追い詰められていく。

一方、アンナの兄オブロンスキーは、自身の浮気が原因で妻ドリーとの夫婦仲が危機に瀕していたが、アンナの取りなしでどうにか事なきを得ていた。

オブロンスキーの若き友人リョーヴィンはドリーの妹キティに一度求婚するも、ヴロンスキーに夢中だったキティにあえなく振られ、田舎で農地経営に精を出していた。

キティもまたヴロンスキーへの淡い恋心を踏みにじられ、愛を信じられなくなっていたが、勇気を出したリョーヴィンからの2度目のプロポーズを受け入れる。

リョーヴィンとキティは真実の愛を手に入れ、地に足の着いた暮らしを始めるのだった。不安定なアンナを支えるヴロンスキーには、母が勧める縁談が持ち上がっていた。

疑心暗鬼にかられたアンナは朦朧と街をさまよい、自ら列車の前に身を投げる。(ザテレビジョン)