Snow Manの地上波初となる冠番組「それSnowManにやらせて下さい」が3月25日に放送された。

番組では、Snow Manが、“一番おいしい水はどれなのか”を調査するというミッションに挑戦。メンバー9人は、番組が調べた日本を代表する5つの名水を取りに行くため、5チームに分かれて全国へ。

北海道・東北ブロックは佐久間大介、関東ブロックは岩本照と阿部亮平、中部ブロックは渡辺翔太と宮舘涼太、中国・四国ブロックは向井康二と目黒蓮、九州ブロックは深澤辰哉とラウールが担当。スタッフの力を一切借りず、すべて自力で行かなくてはならない、所持金は1000円、ネット検索はNGという厳しいルールのもと、採水地へ向かった。

番組では、各グループが名水を手に入れるまでに密着。

険しい山道を徒歩でひたすら歩いたり、ヒッチハイクをしたり、雪深い山に登ったり。そんななかで地元の方と触れ合うなど、身体を極限まで使い、人間力と前向きパワーで乗り切る姿に、放送中からツイッターでは、「それスノ、超面白いしエモいんだけど…」「宮舘&渡辺コンビ尊い。これ企画してくれた方ありがとう」「佐久間くん、がんばれ…」「いわあべ(岩本阿部)優しさの極み」「ふっか(深澤)とラウちゃん(ラウール)コンビ、めちゃ笑った。ラウール成長してる!」「めめこじ(目黒、向井)、かわいい!」「最後泣けた…佐久間くん良かった」「9人の人間味が出ていて本当に良かった」「すごい笑ったのに最後すごい泣いた」と番組の感想をつぶやく声が多数あふれ、「それスノ」はツイッターの世界トレンド2位、日本のトレンド1位になった。

ちなみに、番組内で渡辺が名水を求める旅の途中、石のバランスに気を取られたり、疲れ果てているにもかかわらず「水くらいすぎて石がピカピカになっている!」など、「石>水」の言動をしたことからつけられてしまった「ストーン渡辺」も、しっかりトレンド入りを果たしていた。

Snow Manが歌う番組のテーマソング「ナミダの海を越えて行け」も番組内でオンエアされ、こちらも「いい曲だ〜!」「もっと聞きたい!」という声も見受けられた。

番組の最後では、4月24日(金)から「それSnowManにやらせて下さい」がParavi で毎週金曜日にレギュラー配信されることも発表された。また、3月26日(木)朝10時からは見逃し配信もされる。

Snow Manは、3月26日(木)には「7G〜SEVENTH GENERATION〜」の第3弾(夜0:25-1:25、フジテレビ)が放送。四千頭身、さや香、さすらいラビーら人気芸人たちを相手に、アイドルらしからぬ体を張ったチャレンジを繰り広げる。(ザテレビジョン)