加藤浩次がMCを務める「加藤浩次とどん底どっこいしょ」(テレビ朝日系)が3月26日(木)夜8時から放送される。

明日は我が身のどん底体験から「どっこいしょ!」とはい上がった人たちの人生逆転物語を、“上の声”(川島明)のナビゲートで紹介する番組の第4弾。

ゲストに、堺正章、高畑淳子、藤田ニコルが登場し、実際に起こった仰天エピソードを通し、逆境に負けない心意気や具体的なトラブル対処法など「どん底から脱出する術」を学びながら、人生に迷える人々の背中を押していく。

今回紹介するのは、過去にニュースで大々的に取り上げられた出来事の裏側で、実際に起こっていた「どん底どっこいしょ劇」。

その一つが、あおり運転を受けて停止した車にトラックが追突し夫婦が死亡した「あおり事故」で、被告家族と間違われた人物の実話を紹介する。

■ 名字が同じというだけで…

被害者は建設会社を経営する男性。夫婦の車を執拗(しつよう)にあおった被告の氏名が報道されると、名字が同じというだけで、ネットで被告の父だとデマを流され、住所までも晒されてしまったという。

「真実が一番強い」と信じ、妻にも放置して鎮火を待つよう諭した被害男性。ところが、状況は悪化する一方…。

このままでは子どもたちの身にも危険が及びかねない、まるで地獄のような状態に陥ってしまう。しかし、精神的に追い詰められる中でも、被害男性はあきらめず、世間の誤解を解くべく“奥の手の○○返し”に出ようと決意。

ついに、真実が一番強いことを証明する。そんな彼が取った手段が明らかになる。

■ “奇跡の救出劇”は“綿密な計画”が功を奏した

また番組では、2018年に3日間行方不明になっていた2歳の男児を無事見つけ出し、日本中から称賛されたスーパーボランティア・尾畠春夫さんの物語も紹介。

警察や消防による大掛かりな捜索が暗礁に乗り上げる中、尾畠さんが成し遂げた偉業は当時“奇跡の救出劇”として脚光を浴びた。

しかし実のところ、この救出劇は偶然の奇跡などではなく、尾畠さんの“綿密な計画”が功を奏したものだった。

今回は尾畠さん本人にもインタビューを敢行し、救出劇の裏側ストーリーを余すところなく紹介。そこには尾畠さんの生いたちと、そこから学び取ったポリシーも関係している。

希望を見出した実話エピソードの数々に、VTRを見た加藤も「どん底の後には絶対、どっこいしょがあるんだな」と再認識。また、力強い“尾畠さんの言葉”に堺は「希望を持てる、いい言葉を聞かせてもらった」と感動し、加藤も「どん底だなと思って生きてる方に、思い出してほしい」と語る。

今回もどん底状態を跳ね返すパワーに満ちた逆転劇が繰り広げられる。(ザテレビジョン)