ハリウッド俳優のブルース・ウィリスが出演する、ソフトバンク新テレビCM「5Gって ドラえもん?『登場』」篇が、3月27日(金)から全国で放映されることが分かった。

同日よりサービスが始まる「SoftBank 5G」と、「ドラえもん」がコラボレーションした本CMでは、ソフトバンクCMでおなじみの、上戸彩、樋口可南子ら白戸家のメンバーと、ドラえもん役としてブルース・ウィリスが共演。

5Gトークで盛り上がる白戸家のリビングに、ドラえもん(ブルース)が天井を突き破ってダイナミックに登場する。

撮影現場でブルースは、メーキングのカメラに向かってノリノリでステップを踏んでみせたり、タケコプターを頭のてっぺんに乗せたまま、落ちないようにバランスを取ったりと、おちゃめな行動を連発していたという。

ドラえもんを演じたブルースは「日本の皆さんこんにちは!ブルース・ウィリスです。5Gがいよいよ日本にやってきます。新しい技術が私たちに何をもたらしてくれるのか楽しみですね。

私は今『5Gって ドラえもん』というコンセプトの新テレビCMに参加しています。皆さんに楽しんでいただけることを願っています。それでは!」とコメントを寄せた。

また、「ドラえもん」にちなんで「ドラえもんのひみつ道具が使えるとしたら?」という質問に、上戸は「『アンキパン』ですね。せりふを覚えるのに、台本ごと食べたいです(笑)」と、女優ならではの回答が。

また、樋口は「私は『タケコプター』が欲しいです。頭だけでなく、いろんな所に着けられるから、しまっておけるし」とコメントし、ダンテ・カーヴァーは「ドラえもんのポケットごとほしいです」と、ちょっぴり欲張りな願望を明かした。(ザテレビジョン)