ロックバンド・ACE COLLECTION、女性シンガーソングライターのMACOが「ヒット御礼!『僕だけが17歳の世界で』スぺシャルLIVE」(AbemaTV)に出演し、MC・飯豊まりえと楽曲制作の裏側や“卒業式”の思い出についてトークを展開した。

「―スペシャルLIVE」は、飯豊が佐野勇斗とともにW主演を務めるAbemaTVオリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」(毎週木曜夜11:00-、AbemaSPECIALで放送中)のヒットを記念して公開されたもの。

突然の悲劇によって永遠に離れ離れになってしまった幼馴染の航太(佐野勇斗)と芽衣(飯豊まりえ)が季節外れの桜が咲く期間だけ再会を果たす姿を描いた同ドラマ「僕だけが―」の中で、ACE COLLECTIONは主題歌を、MACOは挿入歌を担当している。

今まさに卒業シーズン真っ只中であることから、「―スペシャルLIVE」には“好きな人に思いを伝えられずに悩んでいる”という若者のエールになれば、との思いも込められ、Abemaビデオで公開されている。

■ MACO「バックハグのシーンで泣きました」

まずは、MC・飯豊がACE COLLECTIONメンバーとMACOにドラマの感想を質問。ACE COLLECITONの面々からは「泣けるシーンがたくさんある」「自分たちで言うのも変ですが、楽曲がかかるシーンがやっぱりやばかった!」、MACOからは「バックハグのシーンで泣きました」など、それぞれ感動の声が上がった。

楽曲が生まれた経緯について、ACE COLLECTIONは「ちょうど話を聞いたとき、自分たちのライブツアー中だったので、北海道から戻るフェリーの中で制作してました」と回想。

MACOは、「大量にあるドラマの企画資料のようなものをたくさん読みながら、芽衣側の気持ちになって自宅のベッドの上でパジャマで書きました」と明かした。飯豊がMACOに「芽衣を演じた気持ちにピッタリでした!」と感想を伝えると、視聴者からも「芽衣ちゃんの気持ちピッタリ」「本当マッチしてる」「芽衣を思うと泣ける」といったコメントが集まった。

卒業式の思い出トークでは、“好きな人に想いを伝えた経験はあるか?”という甘酸っぱい質問も。ACE COLLECTIONからは「後輩からブレザーで3つしかボタンがなかったけれどボタンをもらわれた」といった思い出が紹介され、MACOからは「告白ではないけれど、ボタンをもらおうと思ったらもうなかったのでバッグとジャージをもらいました(笑)」という豪快エピソードも飛び出した。

MACOのエピソードに、スタジオは「ボタンよりすごい!」と大盛り上がり!MACOも「初めて話したかも…!」と照れ笑いを浮かべていた。

楽曲披露では、MACOがドラマ挿入歌「3月9日」「桜の木の下」の2曲を披露。「卒業シーズンで別れやいろんな出会いもあると思います。そんな中で、大切な人を思い浮かべながら聴いてほしいと思います」とメッセージを送ったMACOに、飯豊は「思い出しちゃいました」と涙を浮かべて感激。

ACE COLLECTIONは「卒業されるみなさまおめでとうございます。僕たちからささやかですがおめでとうの気持ちをこめて歌いたいと思います」のメッセージとともに主題歌「70億にただ1つの奇跡」を披露した。

2組の楽曲を聴いた視聴者からは「最初から鳥肌」「めっちゃ感動する」「やばいよ最高!」と感動した声が多数寄せられた。

■ 「僕だけが17歳の世界で」第7話あらすじ

「僕だけが17歳の世界で」第7話は3月26日(木)夜11時から放送する。

「この桜がすべて散れば……君も消える」。桜の木の前で見知らぬ老人にそう告げられた航太(佐野)。桜について神社の神主・大輝(浜野謙太)に尋ねると、「冬に桜が咲くと奇跡が起きる。花が散るまでの間だけ、桜に不思議な力が宿る」という。

桜が散れば消えてしまう――。そう感じた航太は、芽衣(飯豊)のために何かできることはないかと考え、仲間たちをスケートに誘う。まるで高校時代に戻ったようにはしゃいだ航太たちだったが…というエピソードが展開する。(ザテレビジョン)