3月27日(金)夜7時から放送の「ザワつく!金曜日」(毎週金曜夜7:00-7:54、テレビ朝日系)は、「100年後に残したい日本のスゴい」をテーマに、日本各地のスゴいもの、スゴい人、スゴい技を紹介する3時間スペシャルで放送する。

今回、石原良純、長嶋一茂、高嶋ちさ子のザワつくトリオをザワつかせたのは、82歳の社長が私財を投げ打ち25年をかけて商品化に成功したというスゴい新素材。

その新素材は、ある固体のものを液体化したもので、それを塗った木材は燃えにくくなり、さらにコンクリートよりも耐久性がアップする可能性もあるという。

そんな驚きのVTRを見た3人は口をそろえて「素晴らしい!」と大絶賛。良純が「コンクリートは5、60年で壊れることが分かってきたからね」と言うと、一茂は「この液体を塗ったらどれぐらい持つのか分からないけど、おそらく強度も上がる。そうすると火災保険も変わるね」と革命的な開発であることを強調する。

さらに良純は「木造建築は古いお寺などを見れば分かるけど長持ちするんだよ。でも火事でダメになってしまう。だから火に強くなれば木造建築も完璧」と用途のすごさを指摘。

すると一茂は「地震で命を落とすのは火事が原因となることが多い。火事にならなければ助かる命が今までより多くなるとなれば、地震大国の日本だったら全国に普及しますよ。ですから社長!なんとかお近づきに!」となぜかカメラ目線で自己PRした。これには高橋茂雄から「代理店やりたいんか!」と突っ込まれる場面も。

一方、ちさ子は「息子がこういう人になってほしいなって思う。人の役に立つ仕事をしてほしいです」と母親らしいコメントを。

一茂から「なんか変わったね、ちさ子ちゃん」と指摘されると、ちさ子は最近になって心境の変化があったという。

とはいえ、一茂から「往復はがきのサインを書いていると、ちさ子ちゃんの毒舌が楽しいって声が多いんだよ」と言い、ちさ子が番組でしばしば見せる“ある表情”をリクエスト。視聴者から人気のちさ子の表情が明らかになる。

そのほか、3時間スペシャルの見どころを紹介する。

■ 世界を救うかもしれない研究

京都府立大学の教授が行っている研究が、世界を救うかもしれないとザワつかせている。

その教授は、飼育しているダチョウの攻撃におびえながら大きなダチョウのタマゴを集めている。

実はダチョウのタマゴが、新型コロナウイルスの感染予防に効果が期待できるという“あるもの”を生み出しているそう。

その“あるもの”とは何なのか?そしてダチョウと新型コロナウイルスとの関係性を紹介する。

■ 日本の技術を結集した深夜作業

明治通りと国道246号が交差する、都内屈指の交通量を誇る渋谷駅東口交差点。その交差点に新たな歩道橋をかける工事が、深夜に明治通りを通行止めにして行われた。

一晩に行える工事の時間は、わずかに5時間。そんな短時間にもかかわらず一体どれほどの作業が行われたのか、驚くべき工事から、日本が世界に誇る技術が明らかに。

そんな中ザワつくトリオは、渋谷の歩道橋にまつわる若かりし頃の思い出を語る。

良純はドラマのロケで「犯人を捕まえたことがある」とか。一茂は歩道橋でデートの待ち合わせをしたというのだが、ここで一茂流のこだわりを披露しちさ子からブーイングを受けてしまうことに。

■ 熱湯まみれ!?噴泉のお掃除

長野県地獄谷温泉にある噴泉。

地中から激しく吹き出す源泉の温度は、なんと103度。その吹き出し口に固まったカルシウムなどの塊を取り除く危険な作業をする男性を紹介。

源泉をまともに浴びれば大火傷は確実、その危険な掃除の一部始終を公開する。

■ 日本海のノドグロ漁

ある有名人の発言がきっかけで一躍日本屈指の高級魚となったノドグロ。高級食材として高値で取り引きされているという。

そのノドグロで年間4億円以上を売り上げ、“ノドグロ王”の異名を持つ漁師のノドグロ漁に密着。山口県下関漁港を出発、2隻の船を使い、実に5日間にわたる戦いを紹介する。

大荒れの日本海という悪条件のもと、睡眠もほとんど取らず網を引き上げ、魚を選別する漁師たち。心身ともに疲労を蓄積させる壮絶な漁が繰り広げられる。

それを見た一茂は「ノドグロを食べるときは漁師さんの苦労を思い出さないと」と言いながら、スタジオでは、そのノドグロ料理を全員で味わうことに。さまざまな食べ方で高級魚ノドグロを味わうザワつくトリオが感想を語る。

また、「大判焼き店の高速ラッピング」「パン店の高速レジ打ち」「高所専門の作業員」「鉛筆だけで肖像画を描く職人技」「奈良の高速餅つき」など、日本全国のスゴ技、スゴい人が映像で登場する。(ザテレビジョン)