WOWOWライブでは、佐野元春の名盤を再現したスペシャルコンサートの模様を収めた「新日本製薬 presents SONGS & FRIENDS 佐野元春『Café Bohemia』」を、3月28日(日)昼0:30より放送する。

“100年後も聴き続けてほしいアルバム”を、世代も時代も超えたアーティストたちがそれぞれの解釈で完全再現する、武部聡志プロデュースのコンサート「SONGS & FRIENDS」。

これまで荒井由実『ひこうき雲』(1973年)、 小坂忠『ほうろう』(1975年)がフィーチャーされてきたが、今回選ばれたのは佐野元春の5枚目のアルバム『Café Bohemia』(1986年)。

ジャズ、ソウル、スカ、レゲエなど、さまざまなジャンルを取り込んだこの名盤を、佐野をルーツに持つアーティストたちが集い、夢のセッションを繰り広げた。

この日登場したのは、GLIM SPANKY、小坂忠、田中和将(GRAPEVINE)、堂島孝平、中村一義、山口洋(HEATWAVE)、山中さわお(the pillows)、RHYMESTER、LOVE PSYCHEDELICOというそうそうたる顔ぶれ。

彼らは『Café Bohemia』の収録曲以外にも、「スターダスト・キッズ」「ロックンロール・ハート」「レインボウ・イン・マイ・ソウル」などの名曲を、それぞれの思いを込めてパフォーマンス。アンコールでは全員で「約束の橋」を熱唱し、佐野に対するリスペクトと愛が溢れた一夜となった。

チケットが早々に完売し、プレミアムコンサートとなったこの日の模様は、WOWOWライブにて全曲ノーカットで放送。2020年に活動40周年を迎えた佐野の魅力を再認識できる、貴重なライブは必見だ。(ザテレビジョン)