3月30日(月)より「WBS(ワールドビジネスサテライト)」(毎週月-金曜夜11:00-11:58、テレビ東京系ほか)がリニューアルし、金曜日キャスターに須黒清華アナが就任。エンディングテーマは松田聖子の書き下ろし楽曲となることが分かった。

「WBS」は4月より33年目に突入。時代の波を的確にとらえ、分かりやすく伝えていく、「WBS」を見れば「なるほど!」と納得できるようさらなる改革を実行していく。

リニューアルにあたり、金曜日のキャスターに須黒が就任。月曜日から木曜日は5代目メインキャスターを務めてきた大江麻理子。須黒は木曜日のフィールドキャスターも担当し、「現場主義のキャスター」路線を引き継ぐ。

そんなフィールドキャスターには須黒、相内優香に加えニューヨーク支局から戻ってきた森田京之介が加入。さらに、トレたまキャスターには竹崎由佳、そして2019年入社アナ3人組の田中瞳、池谷美悠、森香澄が加わり、フレッシュな風を吹き込んでいく。

※竹崎由佳の「崎」は「立つ崎(たつさき)」が正式表記

■ エンディングテーマは松田聖子が担当!

エンディングテーマは松田聖子による書き下ろしの新曲 「La La!! 明⽇に向かって」(作詞:松田聖子 作曲:松田聖子 編曲:松本良喜)に、松任谷由実の楽曲からバトンタッチ。デビュー40周年を迎える日本の歌姫が、その日の締めくくりにエールを送る。

■ 大江麻理子キャスター コメント

須黒清華さんが、4月から金曜日のWBSキャスターを務めることになりました。フィールドキャスターとしての経験を積み、経済の知識もMC席に座る度胸もばっちり備えていますので、金曜日のWBSにぜひご期待ください。ちなみに7年前、私がニューヨーク支局に赴任する際、「出没!アド街ック天国」の進行役をバトンタッチしたのが須黒さんでした。とても強い縁があるのだなと感じています。

私は「WBS」のキャスターに就任して4月で7年目を迎えます。新型コロナウイルスの感染拡大で世界が大きな試練に直面しているいま、経済報道の役割も重要度を増しています。「いま一番知りたいことは何か」を突き詰めて考え、お伝えしていきますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

■ 須黒清華キャスター コメント

フィールドキャスターを務めて2年、さまざまな業界の最前線を取材することで、経済をより身近で面白いものだと感じられるようになりました。世界が大変な状況にある今だからこそ、明日を生きる力になる、身近で為になる経済情報を分かりやすくお伝えしていきたいと思います。

毎週金曜日の夜、週末を少し違った視点で過ごせるヒントを見つけていただけるよう、今まで以上に現場へ足を運び、私自身もパワーアップしていきます。

■ 松田聖子コメント

どんなに辛いことや悲しいことがあっても、明日に向かって希望を持って歩いていきたいという前向きな思いと願いを、「La La!! 明日に向かって」の楽曲に込めました。この曲を、「WBS」という素晴らしい番組を通して、皆さまに聴いていただけることをとても幸せに思います。

■ 大久保直和チーフプロデューサー(テレビ東京報道局)コメント

新しい年度は、30 年以上にわたって経済の最前線を伝え続けてきた「WBS」の「真価が問われる年」と位置付けています。言うまでもなく、日本も世界も新型コロナウイルスでかつてない不安の渦に呑み込まれているからです。

激動の世界の現場から、日本の私たちに身近な情報まで、「仕事と暮らしにつながる経済ニュース」をパワーアップした出演陣とともに、深く、的確にお伝えしてまいります。(ザテレビジョン)